「大きなきっかけ」 ほし

9月19日

 いよいよ明日が本番となりました。
 緊張するような、寂しいような、嬉しいような、あっという間だったような、色んな気がします。

 結婚式に向かう過程では、古吉野中の色んな場が幸せで溢れていました。
 焦ったり、戸惑ったこともあったけれど、悔いも酸いも、全て含めて、とてもいい時間を、みんなの中で過ごさせてもらいました。困難も楽しかったです。自分自身も、少し成長出来たような気がします。みんなの食事のコメントを聞いているとき、みんなの嬉しい報告を聞いていると、とても幸せな気持ちになりました。
 先日、お昼の集合で、コメントを回すことをお話していただいて、自分自身の欠落していた部分、歪んでいた部分に気づかさせていただくとともに、これから踏み出す大きなきっかけになりました。本当にありがとうございました。今までずーーっと突っかかっていたことが取れました。深い心の溝が埋まりそうです。自分に籠る自分を反面教師とし、精進します。

 時に、怖くなって、意味もなく謝ってしまいそうになったりもしますが、そんな気持ちは、サヨナラです。良いところだけを見ます。これからも、ずっと信じて、それを糧に進みます。
 感謝しても感謝しきれません。本当にありがとうございました。
 また、今日のお昼の集合のお話が嬉しかったです。
 自分自身のずれたところを、修正させてもらうきっかけになりました。
 進むべくは、一本の細い道です。
 決して思い上がったりせず、初心を思い出して、今できる精いっぱい、一生懸命で、頑張ります。

 夕食の時、食堂に行くと、扇風機の部分がお花で飾られていて、そこに扇風機があったことをすっかり忘れていたくらいで、驚きでした。
 毎回、食事のたびに食堂に行くと、写真の中のあゆちゃんとりゅうさんの笑顔が、本当に、キラキラと輝いていて、嬉しくて、愛おしいような気持ちが溢れてきて、涙が出そうになります。
 私にとって、みんなの笑顔や喜びが何よりの、幸せの欠片です。
 みんなにとっても、とてもいい時間だったことが伝わってきて、嬉しいです。

 環境整備の係りで、ペンキ塗りや、外回りの整備など、あんなちゃんやのりよちゃんに引っ張ってもらって、みんなと一緒に結婚式に向かう空気を、共有させてもらって、楽しくて、本当に、充実した時間でした。
 飾りづくりも手伝わせてもらって、まえちゃんやゆいちゃんが作ってくれる空気の中、一緒にできたことが、本当に嬉しかったです。
 どんどん景色が、結婚式仕様になっていくのが、自分たちの気持ちも、そこに染まっていくようでした。
 幸せな気持ちであふれていました。

 夕方に、グラウンドの人生ゲームの仕上げを、何人かのみんなと一緒にしました。
 所々に、ポールをたてたり、石灰でハートを描いたりしました。
 さりいちゃんとせいこちゃんが、地上絵のように、大きな字で、「HAPPY WEDDING」の文字を、均等に真っ直ぐに、素晴らしい仕上げで、仕上げてもらい、みんなで、素手で、石灰で、その文字を、塗りました。
 最後に、あゆちゃんにも見てもらえたことが嬉しかったです。
 みんなで真っ白になりながら、あゆちゃんとりゅうさんに喜んでもらいたい純な気持ちで、みんなといられた空間が、楽しくて、幸せだなと思いました。

 夕食の時の、お母さんのお話も、とても嬉しかったです。
 今夜も、盆踊りのチームで練習しました。
 今まで積みあがってきた時間が、本当に宝物です。

 明日は、精いっぱい頑張ります。