「結婚式前日」 ななほ

9月19日 土曜日

 世界で1つだけの、なのはなファミリーによる、なのはなファミリーのみんなにしか作れない結婚式。明日はりゅうさんとあゆちゃんの結婚式当日です。もう明日が終わったら、係作業も盆踊りの練習も、アンサンブルに飾り付けもできないと思うと寂しいのですが、緊張感を通り越して、段々と不安がなくなり、楽しい気持ちとお祝いの気持ちで胸がいっぱいになりました。

 夕食の時お母さんが話して下さったこと。須原さんや河上さんはあゆちゃんの事を6歳くらいのころから知っていると思うと私も嬉しくなったし、改めて須原さん達と今こうして生活させて頂ける事、仲間としてお話したり、一緒に遊んで頂けることが幸せだなと思いました。

 結婚式前日は、朝から大忙し。午前は体育館の飾り付けなどを進め、私は直送でバラとかガーベラの花を量産し、体育館や食堂に届けました。途中、写真を撮りに至る所を回っていたのですが、外に出るとウエディングカーの飾り付けが進んでいて、手作りのガーランドやカンカン。フラッグにかごに、ナンバープレートまでが手作りでワクワクした気持ちになりました。ピンクなどの淡い色に、真っ白な軽トラック。あの、畑に乗り出す軽トラックとは思えない位、ウエディングカーが可愛かったです。

 台所方面に行くと、りゅうさんや卒業生のそらちゃんにみよちゃん、まちこちゃんにお仕事組さんのみんなの姿があり、明日の夜食やディナーの準備を進めてくれていました。料理がとても美しく、綺麗で、上品で、お洒落で楽しみだなと思ったし、ずっと飾っておきたい位だなと思いました。午後も引き続き、飾り作りをしたり、写真を撮っていたのですが、今度は台所さんが賑やかで、活気のある空気に溢れていて、10人以上のお仕事組さんや台所さん達がランチの準備をしていて、右往左往して私はその流れを見ていたのですが、お仕事組さん達の空気が明るく、面白く、ついついニヤニヤとしてしまいました。

 体育館に行くと机の上にサテン布が敷かれていたり、バッティングネットがフォト背景に変身していたり、たくさんの白や金色、キラキラのバルーンアーチや飾り。どこを見ても白・ピンク・金があって素敵でした。卒業生の方からもたくさんのお花が届いていたり、食堂の飾り付けも完了し、古吉野中どこを歩いていてもウエディング仕様で、心がときめきました。

 私も飾りでバラの葉っぱを切り絵でアートしたり、夜も盆踊りの最終確認や、あゆちゃんに声をかけさせて頂き、体育館の飾り付けをしたり、バルーンを膨らませたり、小学生ぶりに細長いバルーンで犬やキリンなども作って楽しかったです。

 本当に明日が楽しみです。りゅうさんとあゆちゃんの為に、特別で素敵な結婚式になるように精いっぱい頑張ります。
(お昼のお父さんのお話が嬉しかったです。お父さんの話を聞いて、私の事だなと思って反省したのですが、ちゃんと真面目に誠実に、今の自分の精いっぱいで与えられた役割とか、目の前の事に向かいます。)