「あゆちゃんとりゅうさんの為なら」 ななほ

9月13日

 昨夜は午前中に出はけの確認をお父さんに見て頂いたり、盆踊り練習に撮影。午後には初めてりゅうさんとあゆちゃんの物語劇を通すことができて嬉しかったです。通し練習をして、不都合があった場所や早着替えが間に合わなかった部分などを、夕方や夜に練習し、お父さんやお母さんに直してもらった箇所を直ぐに直せるのが有難い事だなと思いました。

 通し練習の後は少し疲れてしまったのですが、通しの勢いで配膳をするとスムーズにできたり、夕食後も演劇練習の後、盆踊りをお父さんに見て頂き、練習にその後はダンス練習。8時過ぎからはアンサンブル練習を進め、終わって直ぐに早着替えの練習をやよいちゃん達と。気が付いたら9時半を過ぎていて、大急ぎでお風呂に入ったのですが、この忙しい感じも楽しいなと思いました。りゅうさんとあゆちゃんの結婚式となると、私もお母さんみたいにワクワクして、身体が止まらなくなってしまいます。早着替えも無事に練習し、控室はけにしたら間に合うことが分かり、それでも1秒が大切なので、本番までも気持ちをしっかり持って頑張りたいです。

・あゆちゃんとりゅうさんの為なら

 お仕事組さんと過ごせる貴重な日曜日。午前はチープスリルズのダンス練習の後、アンサンブル練習を少しだけして、ゆりかちゃんと場ミリテープ張りをしたり、飾り作りなどを進めました。チープスリルズはみんなで考えて新しい振りを取り入れ、表情も少しユーモアを入れたので、実際に踊るのも楽しみになりました。場ミリテープ張りも、今回は結婚式使用で、ピンクと白のテープを使い、統一感があり、清楚で上品で好きだなと思います。
 
 そして後半は、バンドの合わせをしに体育館に向かったのですが、お父さんの歌声が聞こえて嬉しくなりました。『もう1つの土曜日』という歌をお父さんが歌い、なのはなバンドのみんなが演奏します。朝食後から約1時間半で曲を完成させられるなのはなバンドのみんなは、本当にプロだなと思ったし、すぐに半音上げや下げができてしまうのが、かっこいいなと思いました。
 お母さんがお父さんに、「これはりゅうさんとあゆの曲なんだよ」と言って、お父さんがステージの左側、その横にりゅうさん、あゆちゃんという構成を考えていて、その姿を見るだけで温かい気持ちになりました。

 お父さんの歌の後は、りゅうさんが歌う『パーフェクト』をみんなで合わせました。りゅうさんを囲むようにして、私たちが半円を作り、その真ん中でりゅうさんは歌います。私は椅子を出して、マイクをはける係で、殆どりゅうさんのま後ろなのですが、その分、気持ちが作りやすく、本当に涙が出ます。それは自分達が、自分の為に歌うのではなく、りゅうさんとあゆちゃんの為に歌うからなのだなと思うし、歌いながらりゅうさんとあゆちゃんのキラキラとした大きな笑顔を思い浮かべると、とても嬉しくて、私まで幸せでいっぱいになりました。

 お母さんが、「りゅうさんとあゆの為に歌うんだよ。そうしたら、自分の拘りも、欲も無くなって、利他心だけでいられるんだ」と教えてくださいました。結婚式ムードにみんなが乗って、みんなで結婚式を作る。これがどれほどの喜び、嬉しさ、達成感を私たちに与えてくれるか計り知れません。目の前の人の為に100%で演じたら、自然と自分はゼロになる。これは生きていくうえで大切な事だし、常に目の前の人の為だけに生きたいです。

・スペシャルメニュー

 どこからか香ばしい香りが広がっていると思ったら、昼食はスペシャルメニュー。厚切り食パンのトーストが2枚、プレートにドーンと乗っかって、とても美味しそうな香りをしていました。そう、お仕事組さん達や河上さんの、なのはな特別トースト。チーズとマヨネーズがふんだんに使われたトーストは、1口かじるとサクッとしたと思いきや、トーストが分厚いのでモチモチで、それでいてパン自体が甘く、チームはとろーりと伸びる。マヨネーズのコクとうまみも贅沢に引き立たせた、なのはなトーストは世界一のトーストだと思いました。

 プレートの上に色とりどりの副菜と、美味しいスープにトーストはスペシャルランチのご褒美でした。夕食も配膳で初めて、ハヤシライスをつけさせて頂き、具材たっぷりの美味しいハヤシライスが嬉しかったし、ポテトやカボチャ。最近は空心菜がたくさん収穫できていて、なのはな産の野菜で作った、なのはなレシピは毎日が料亭で、レストランで、嬉しいなと思いました。お仕事組さんや台所さんの気持ちが有難いなと思います。

・お仕事組さんとりゅうさん

 昨日と今日と、午後からは合わせの通し練習をして、あゆちゃんとりゅうさんの物語劇を形にすることができました。1曲目は『アライブ』。まえちゃんとのりよちゃんの姿が力強く、凛々しくて、その姿に涙が込み上げてきました。また、須原さんも入って下さって迫力があったし、太鼓メンバーのみんなもカッコ良くて、1曲目からなのはなファミリーの作る世界にお客さんは引き込まれていくんじゃないかと思いました。

 まゆこちゃん演じるりゅうさんのお母さん役もとてもエレガントで、ユーモアがあったり、さりーちゃんのフィルさんのセリフが新しくなって、ついつい笑ってしまったり、えりさちゃんの盛男おじいちゃん役も優しくて、面白かったです。りゅうさんを演じるなおちゃん、あゆちゃんを演じるやよいちゃんも、衣装から演技も全てあるべき形や、あるべき姿を再現された感じがして、これぞなのはなファミリーの音楽劇だと思いました。

 私は今回、早着替えが多いのですが、お母さんが曲順を入れ替えたり、色々と考えて下さって、『チープスリルズ』の衣装で『ガラスの香り』にも出られることになったり、その後も『ディス・イズ・ミー』に着替え、早着替えの練習を何度もしたので、すぐにソフトバレーの衣装で『なのはなの子』の役もりんねちゃんやりなちゃんとできることになりました。『サムナイツ』はお父さんの歌があって、間に合うことになり、1つ問題なのは、お父さんの歌を聞かせて頂いていると涙が出てしまうので、すぐに『サムナイツ』を踊れるかどうかということなのですが、本番はもっとお父さん、りゅうさん、あゆちゃんの3人が並んでお父さんが歌う姿に涙が出てしまうだろうなと思って、しっかりと『サムナイツ』の気持ちも作って臨みたいと思いました。

 通し練習ができて嬉しかったし、夜も練習や準備が進められて良かったです。