「サチャインチナッツ」 しなこ

9月14日

 夜にお父さんとお母さんにナッツの試食をしていただきました。
 ななほちゃんと、まっちゃんと一緒に加工を計画して、今日、試食できる形にできました。
 自分はローストするときに立ち会っていなかったのですが、2人からの話を聞くと、ローストしていると少し膨らむということでした。
 お父さんとお母さんに試食していただいて、「美味しい」と言ってくださって、嬉しかったです。
 栽培を成功させたいと思いながら見てきましたが、まさか、本当に食べられるところまで栽培できるなんて思っていませんでした。
 れいこちゃんにもこの嬉しさを共有してくれて嬉しかったです。
 あゆちゃんにも試食してもらって、「美味しい! ピーナッツより、こっちの方が好き」と言ってくれて、一緒にいたななほちゃんとも笑顔になりました。
 みんなとも食べられるように、準備もしていきたいです。

 結婚式で自分が着る服も、今日、お母さんとあゆちゃんに決めていただけてすごく嬉しかったです。
 6年生教室に行くと、洋服屋さんのように沢山の衣装がかけられていて、その中から1人1人選んでくれました。
「これはどう?」とお母さんとあゆちゃんが、自分に服を当ててくれて「ちょっと地味かな」などと話し合って決めてくださいました。
 決まったときは「これ、いいよ!」と笑顔で言ってくださって、照れたのですが、上の服があゆちゃんが着ていた服で、それも嬉しかったです。
「○○ちゃんにはこれかな」とみんなが衣装選びをしている、その場の空気も嬉しい気持ちになりました。
 ワクワクするし、もうすぐなんだなと実感します。
 準備もみんなで楽しんでいきたいです。

 午後の作業でジャガイモの植えつけをしました。
 開墾チームが開墾してくれた山畑下の畑に植えました。
 穴を掘って、種いもを置いて、上からダストを敷いて、少し覆土しました。
 穴は深すぎず、浅すぎず、ちょうどいい深さになるように、始める前にまえちゃんがレクチャーしてくれて、みんなで確認しました。
 ダストは今日の午前中に須原さんとやよいちゃんと取りにいったもので、木の香りがいい香りでした。
 山畑下の次は、滝川横に移動して、アンデスを植えました。
 滝川横は、1列がとても長くて、印つけをするのも1個のメジャーでは足りないくらいでした。
 植え始めたのが4時すぎくらいだったと思うのですが、やよいちゃんが今日の目標はアンデスを全て植えるということで、みんながスピード感を持って作業をしていました。
 今日は時間内には全て植えることはできなかったのですが、滝川横畑も5畝はできていたと思います。
 また明日も続きがあると思うので、明日も頑張りたいです。