「紫黒米の稲刈り」 えみ

9月10日

*手刈り
 午前中には家族総出で光田んぼ下の紫黒米の稲刈りをしました。
 稲刈りは昔の農家さんにとって一年の中で一番重要な行事で、同じ地域の人たちで協力し合ってやっていたという話を出発前にお父さんがしてくださりました。今日実際やってみて、60人いても1枚の田んぼを終わらせるのに相当な時間と体力が必要なことが分かり、昔は利他心がなければ生活自体が成り立たなかったという話が体感できた気がしました。
 
 私は最初手刈りチームで、鎌を使ってひたすら稲の束を刈っていきました。初めは一つの束を刈るのに2,3回引かないと刈れなかったのですが、だんだん慣れてくると一回でザクッと切れて、その感覚がすごく気持ちが良かったです。紫黒米は切り口まで紫色でびっくりしました。
 
 途中からは縛りチームに入らせてもらい、刈られた稲を両手でやっとつかめるぐらいの束にして、わらで結んでいきました。結びが弱いとせっかく縛っても抜けてしまうのでとにかく力を込めて隙間がないようにするのがポイントでした。やってみるとすごく難しくて、わらをねじるところまではいっても最後に端を入れ込むのに苦戦しました。お父さんがデモンストレーションを見せてくれて、完成した束を持たせてもらうととてもずっしりとしていて固くしまっていました。自分で結んでいても穂の部分が特に重くて、いい実がたくさんついているのがよく分かって嬉しかったです。

 今回は手刈りをした稲をはぜにかけて干すところまでやりました。昨日盛男おじいちゃんと何人かの人たちがはぜ立てをしてくださっていて、全部で4列あったのですがそれが全部埋まっても干し切れないぐらいでした。最終的には5列目を新しく立てて、さらに2段にして干していくことになりました。今年はすごく豊作だったのかなと思って嬉しかったです。

 一通り作業が終わってみんなで古吉野に戻ろうとしたとき、後ろを振り返るとはぜ立てされた稲の光景が本当に美しくてびっくりしました。まるで別の世界に行っていたかのような気持ちになって心が癒される感じがしたなと思います。

 みんなで稲刈りをできた時間が楽しかったです。みんなで手刈りをしている間、お父さんやあゆちゃんたちはコンバインで別の田んぼの稲刈りもしてくれていてありがたかったです。今年一年分のお米が一気にこの時期にとれると考えると不思議な感じがします。最後まで無事に終わってほしいし、今年のできがどれぐらいだったのか知れるのも楽しみだなと思います。

 明日からはまた音楽合宿も始まるようなので頑張りたいです。

 読んでくださりありがとうございました。