【山小屋便り9月号】「収穫したジャガイモでコロッケ作り! ―― その名も、『コロ・フェス』!! ――」 よしみ

「いきなりですが、今夜はちょっとしたイベントを開催します。ドレスコードもあるのでみんなはその洋服に着替えて参加してくださいね」 

 と朝食後にあゆちゃんからの報告がありました。

 週末にお仕事組さんが企画してくださったイベントがあり、お父さん、お母さん、なのはなのみんなで素敵な時間を過ごしました。

 そのイベントの名はずばり、「コロ・フェス」です。あゆちゃんからの「コロ・フェス」のお話しを聞いて嬉しくなりました。

■華やかな会場に

 それに、今回はなんとドレスコードがあると聞き、私にとっては初めてのドレスコードだったので少しドキドキしました。

 今回のドレスコードは「黄色か緑色の洋服を着るまたは小物を身につける」という指定です。

 どうしようか悩んでいると、衣装部さんが貸し出ししてくれることになり、衣装部さんが貸してくれたのは蛍光カラーの黄色いお花の飾りで、あゆちゃんやななほちゃんが、 「胸の所にブローチとしてつけるといいと思うよ!」 と言ってくれたので、胸の部分にワンポイントとしてつけることにしました。

 服装だけではなく髪型も少しオシャレしたいなと思っていると、ななほちゃんが、「私がやってあげる!」 と私の髪を三つ編みにしてくれて嬉しかったです。

 会場の体育館に行くと、お父さんとお母さんがとても素敵な洋服を着て座っていらっしゃったり、みんなも様々な黄色や緑色を身につけていて、体育館の中がとても華やかな感じになっていて気持ちもさらに上がりました。

 そして、いよいよ「コロ・フェス」がスタートです。

■コロッケパワーで

 

豊作だったジャガイモで作るコロッケはハート形でした!

 

 最初はお仕事組さんやりゅうさんが、今夜のために時間をかけて作ってくれたスペシャルディナーをみんなでいただきました。

 その料理を見たとき、どうして今回のパーティーが「コロ・フェス」というのか、やっと理解できました。

 メイン料理はコロッケ。しかも収獲したばかりの『アンデス』という皮が赤い品種のジャガイモを使って作ったハート型のコロッケです。

 「コロ・フェス」のコロはコロッケのことでした。コロッケには2種類のソースがかかってあり、そのソースはなおちゃんが夜遅くにお仕事から帰ってきてから作ってくれたそうで、気持ちのこもったソースがかかったコロッケは一口食べた瞬間から口いっぱいにお芋の甘さが広がっていきました。コロッケがとても美味しかったです。

 コロッケの他にも新ジャガで作ったポテトサラダやさっぱりマリネ、ニンニクの効いた夏野菜の冷製スープにデザートには、初収穫の『シュガー・ムーン』という果肉が黄色のスイカをいただきました。

 

お仕事組の子たちが、一品ごとのお品書きま で掲示してくれて、会場はより雰囲気が出ま した

 

 どの料理も本当に美味しくて、こんなに豪華で美味しい夕食をいただけてとてもありがたかったです。

 夕食をいただいたあとは、待ちに待ったお父さんとお母さんの生ライブと、お父さんへの質問コーナーがありました。

 お父さんとお母さんの歌を聴けるのは久し振りだったのでとても楽しみにしていました。

 私もお父さんが歌ってくれる曲を大分、覚えてきて一緒に口ずさむことができ、そのことがすごく嬉しかったです。

 

 

 今回のお父さんへの質問コーナーでは、花・虫・動物などの自然のことについてや、子育てについてなどの質問にお父さんが答えてくれました。

 他にも今年の夏になのはなのみんなでやりたいことランキングが発表されたりして、これからの夏がものすごく楽しみになりました。

 みんなで楽しい時間を過ごせて本当に嬉しかったです。お仕事組さんの手作りコロッケパワーでこれからの夏も乗り切れそうだなと思います。

 お仕事組さんを中心に企画してくれた「コロ・フェス」。

 是非、これから毎年の恒例イベントになってほしいなと思いました。