9月7日(月)「音楽室からあふれる清流 ――管楽器アンサンブル『パッヘルベルのカノン』練習」

9月7日のなのはな

DP2Q0081

 

 音楽合宿最終日。午前中にアンサンブル練習をしました。 
 今日は、『パッヘルベルのカノン』の合わせをし、さとみちゃんがイメージや吹き方などを教えてくれました。 
 その中で、自分の100パーセント全力で吹くのではなく、パッヘルベルのカノンになりきって、演奏すること。 
 なりきること、自分はできると信じて吹けると思って吹くこと、自分がリードする気持ちで吹くことが大切なのだと、さとみちゃんが話してくれました。 
 カノンでは、運指やリズムの難しいところがあり、もどかしい気持ちになるのですが、さとみちゃんの言葉を思い出して、できると信じて、パッヘルベルのカノンになりきって演奏したいです。

 フレーズを吹けるようになったら、それはみんなのためになる。だれかを助けるフレーズになる。そう思って、みんなとアンサンブルを吹いている1人として、役割を果たしていきたいです。

 

DP2Q00671
〈『パッヘルベルのカノン』は、  サキソフォン、トロンボーン、フルート、クラリネットと、キーボードのストリングスで演奏します。  正式な合わせはこの日が1度目でしたが、まとまりのある合奏になり、  これまでの個人練習の成果を感じた演奏だったと、リーダーのさとみちゃんが話してくれました〉

DP2Q0070

 

 後半は、カノンの自主練習と『ガラスの香り』の合わせをしました。 
 改めて、メロディーを吹いているパート、伴奏パートを確認し、場面によってどの楽器を引き立たせるのかを確かめました。 
 メロディーの音色を聞かせるように、自分の吹く音色ではなく、周りのみんなの音を聞いて、溶け込むように演奏していきたいです。 
 あゆちゃんとりゅうさんにお祝いの気持ちをアンサンブルでも届けられるように、頑張りたいです。

 午後は、『サム・ナイツ』のコーラス練習をしたあと、『サム・ナイツ』『ディス・イズ・ミー』のダンス練習をしました。 
『サム・ナイツ』は、フラダンスのステップなど振りを揃えたあと、ドラム隊のみんなと合わせました。コーラス練習をした後だったからか、みんなの声がいつもより強く聞こえてきて、私も自信をもって歌えました。 
『ディズ・イズ・ミー』は、2人1組になって交代で踊り、ペアの人のダンスを見ました。 
 自分の癖になってしまっているところを教えてもらって、次は、その癖を直し、揃えていく練習が嬉しかったです。

 最後の1時間、『アライブ』の練習では、須原さんとまえちゃんとのりよちゃんが組演武を練習している向かいで、和太鼓の練習をしました。須原さん、まえちゃん、のりよちゃんの気迫を感じながら、私も力が入りました。

 

DP2Q0113

DP2Q0110

 

 夜もコーラスバディを組んで『パーフェクト』の練習をしました。  
 今回の音楽合宿は今日が最終日でしたが、次の音楽合宿までに、ステップアップできるように1日の時間を大切に過ごしていきたいです。 

(ふみ)

 

DP2Q0133

 

 

***

 

 演劇練習、環境整備などの準備も精力的に進めています!

 飾り係は、白いバラやガーベラをコピー用紙で作ったり、白のサテン布にアイロンをかけたりする作業を進めました。

DP2Q0056

DP2Q0095