「可愛い物も、きれいなものも」 ゆい

9月6日

 今日の制限時間は10分。またしても大急ぎで書きます。
 係作業の時間がたくさんもらえた一日でした。大幅に進みました。飾り係のみんなや、他の係のみんなも助っ人にきてくれ、予定よりも進んで行ったので、ちょっと準備不足で手があまってしまったのが勿体なかったです。人数がたくさんきてくれたら、その何倍も考えておかなければなりません。走りながら考え、考えながら手を動かしながら、そして走ります。
 ウェディングカーのガーランドが完成したり、空き缶に色を塗ったり、フラッグに飾りつけるストローのフリンジもできました。みんなの手があって初めてできることばかりです。
 けいたろうさんと、軽トラのところにいき、必要なガーランドの長さを測ってきました。「けいたろうさん、椅子に座っているような感じで、荷台に載ってもらえますか」
「こんな感じですか。」と、けいたろうさんは空気椅子状態。
「まさに、そんな感じです! すごくいいです!」と、言いながら、私は、あゆちゃんとりゅうさんの背景となるアーチの高さの目星をつけました。

 そのあとは、けいたろうさんと、空き缶のペンキ塗りをしました。色をぬっただけでただの空き缶が欲しくなるくらい可愛くなります。ただの空き缶と書いたけれど、これはさやねちゃんが事務所から集めてきてくれたもので、とっても嬉しいです。

 夜にも、作業を進め、オーナメントに白の色をつけるために、どうしようかなと思い、さくらちゃんに、段ボールに棒を通して、そこにオーナメントをつり下げてスプレーができるものを作ってほしいとお願いしてみました。さくらちゃんは目を輝かせて、すぐに段ボールを探してきて、竹籤を通して作ってくれました。そこにオーナメントを吊すと、ただそれだけで可愛い。塗る前から可愛いではないか、と思い、みんなに見せにいってしまいました。
 可愛い物も、きれいなものも、何でもみんなにみせたくなります。みんなでわくわくを共有して、みんなで作るのを楽しみたいです。

 そして、赤いオーナメントを白に塗ったとき、思わぬ効果が。なんとかベリーみたいな名前がつきそうな、良い感じの色に仕上がったのです。あえて、2重塗りはせずに、そのままにしました。

 たくさん作業が進んだので、まえちゃんにもよい報告ができたのがすごく嬉しかったです。まえちゃんは今日、もち米の稲刈りにいってくれていたのです。みかちゃんも一緒で、みかちゃんのお知り合いの方が刈ってくださったそうで、とてもありがたいです。とてもスムーズだったとのこと、本当に嬉しくありがたいです。 
 帰って来て、報告や、明日の打ち合わせをするとき、まえちゃんは疲れているだろうに、爽やかなショートカットフェイスで、今日もやはり綺麗でした。まえちゃん、本当にいつも綺麗です。

 

 もっと書きたいことはありますが、時間が迫っています。
 あゆちゃんとりゅうさんの撮影も進んだそうで、今日は2人はプリンセス&プリンス姿でした。2人を垣間見たとき、ああ、ここに本物がいたのか、と思いました。実写版の姫と王子だと思いました。

 夕食の時、りゅうさんが、「僕にとって最高のプリンセス」ということを(ちょっと違う言葉だったかもしれないです)言っていて、涙が出ました。お父さんがそのとき、嬉しそうに、ちょっと照れくさいような笑顔で笑っていました。

 

 最後に子ども達の報告。今朝、乳酸菌を散布してきました。雨前の予防です。
 ネギときゅうり、ここにきて、ものすごい絶好調です。本当に抜群に調子が上がってきました。気温と雨がよかったのだと思います。嬉しいです。
 しかし、このあと、じめじめが続くなら、危険です。だから乳酸菌をしたのですが。
 このコンディションを助けるようにみていきたいです。

 タイムリミット、少しすぎました。終わります。