「目の前の人を」 なつみ

9月4日

 「目の前の人を喜ばせる。それが利他心。」
(そうか、それでいいのか)私に利他心は深すぎて理解できない、持てないだろう、心のどこかでそう思っていました。
でも今日、(なんてシンプルなんだろう)と少し驚きました。
 目の前の、お父さんお母さんを喜ばせたい。ゆりちゃんやたけちゃんに笑顔になって貰いたい。そうゆう気持ちで良いのだと、そしたら私も利他心を持てるかも知れないと、そう思いました。
 日本中苦しんでいる人々を助けたい、だとか、世界の孤児を救いたいだとか、そんなおっきな世界じゃなくて、たった目の前の一人、二人と自分の間に生まれる幸せや喜び、その為に動く。本当にシンプルでした。
「幸せの地産地消。幸せのその日暮らし」
 幸せを感じるチャンスは何度もあります。明日から、自分は一回もそのチャンスを逃さないように過ごします。一日に何度も幸せになって、その幸せの連続の中で過ごします。
 お父さんお母さんは、私のマザーテレサです。
 マザーテレサにはなれなくとも、私はみんなの小さなヒーローになれるように動きます。
 私はまだまだ良くなります。利他心を入れて、治ります。

 今日も一日ありがとうございました。
 This is meの練習をします。さやねちゃんが、それぞれの動きに気持ちを入れてくれます。
今は踊るのとカウントに精一杯だけれど、表現者として舞台に立つ以上、気持ちまでしっかり届けられるようになります。極めます。
 おやすみなさい。