「心を通わせることで」 りな

9月4日

 夜のお父さんの利他心のお話を聞かせていただけてとても嬉しかったです。利他心は、人と人との間にしかなくて、目の前の人との間にあることを教えていただいて、これまで漠然としか分からなかった利他心が、鮮明に見えるようになったような気がしました。日常にたくさん転がっている幸せが、利他心なんだなあと思いました。私はこれまで、利他心の巨大化、または先送り化になっていた気がしました。目の前の人を幸せにすることが、一番大切なんだと、当たり前のことのようだけれど、私達に本当に必要だったんだなあと気づくことが出来ました。
 今日、お父さんからお話していただいたことを、ずっと心に止めて、日々を過ごしたいと思いました。今は、あゆちゃんとりゅうさんの結婚式に向けて、音楽練習をしています。音楽にも、演奏する人と、聴いている人との間に生まれるもので、どちらともが心を通わせることで良い演奏が出来るのだということを理解して、自分のためではなくて、みんなのために、もっと練習を積み重ねていきたいと思いました。

 今日は、音楽合宿2日目。パーフェクトのコーラス練習をしました。パーフェクトは、りゅうさんがよくギターを弾きながら歌っている曲で、大切な曲です。みんなで歌えることが嬉しいなあと思いました。
ソプラノとアルトに分かれて、アルトは主旋律、ソプラノは主旋律よりも1オクターブ上の旋律を歌います。私はソプラノパートで練習をしました。
 さびの部分は、音が高くて、とても音が出にくいです。でも、個人練習の時間をたくさんもらって、あゆちゃんにも見てもらえたのが嬉しかったです。
 あゆちゃんが、「1人1人ストーリーを描いて、未来を想像しながら歌おう」と、言ってくださりました。プロモーションビデオを見て、曲のイメージを作りました。
 誰かを愛したり、愛されていると思って歌うことを教えてもらいました。恋愛というよりは、信頼や、友情や、色んなことが集まっているのだと知りました。そう思うと、とても心が温かくなりました。
 あゆちゃんが最後に、涙が出るぐらい感動したよ、と言ってくれたのがとても嬉しかったです。まだ、歌詞が覚えきれていないので、練習をこれからも頑張りたいです。

 明日も音楽合宿で、精一杯頑張りたいです。