「『人に見せる自分』を演じる」 まち

8月29日

 今日も素敵な一日でした。午前は午後のアセスメントのために衣装準備をして、午後はアセスメントのあと衣装の片付けをしました。いつもこの時期はイベントだらけで、イベントのあとスパッツ洗いをするのが当たり前だったのに、今年はまったくイベントがなかったので、久々にスパッツ洗いをしました。衣装の片付けも久々だったけれど、体が覚えているようで、つきちゃんとさっとできたことも嬉しかったです。
 
 お父さんが仰っていた「人に見せる自分」を演じることで回復していく、という感覚はなんとなく私にも分かりました。お客様を前にしたとき、恥ずかしくない自分、ぴしっとした自分を作ることで、正しい緊張感を持てたり、社会性が身に付いていくのだと思います。それにしても、アセスメントで、なのはなに見学に来てくれた人に、なのはなのことを紹介するように演奏するのは、とても楽しくて心がわくわくすると思いました。今日来てくれた人は、どんな人かまだ分からなかったけれど、なのはなの素晴らしさを知ってもらえたらいいな、と思いました。

 今日畑には早朝作業のときしか出てなくて、今日はナスとパプリカの水やりをしました。ゆきなちゃんとしましたが、ゆきなちゃんが一株一株しゃがんで丁寧に、枯葉を摘みながら水やりをしている姿が、誠実で素敵だと思いました。ナスに草敷きをしてから、土の乾きがなくなったと感じていて、保水性の効果を感じています。今日は約16キログラム穫れました。20キロ超えのときもあるので、今日は少し少なめです。穫れたナスはツヤツヤぴかぴかしていて、弾力もあって綺麗です。大きくなるのが早くなった、と感じています。今日は収量が少なめだったから、明日は20キロ近く穫れるかもしれません。明日も楽しみだと思いました。

 みんなが私のことを好きで、大事にしてくれていると思います。前向きだと、何も怖くないです。利他心のために、自分にとっても、人に対しても前向きな姿勢を貫いていきたいです。

 るりこちゃんが卒業すると聞いて、寂しいな、と純粋に思います。るりこちゃんは私がなのはなに来たときから落ち着いていて、綺麗な人だな、と思っていました。透明感があって、どんな作業でも落ち着いて入って溶け込んで、難なく丁寧にこなしてしまうるりこちゃんが素敵だと思っていました。卒業して一緒に生活できなくなるのは寂しいけれど、きっと、私たちもるりこちゃんも、離れていても気持ちは一緒なのだと分かります。そう思うと、寂しくないし、むしろ、もっと頑張って、離れているるりこちゃんに、なんとなくみんなが元気だと分かる、というくらい、元気オーラを届ける気持ちでいきたいと思いました。

 今さやちゃんとかなつみちゃんとかさきちゃんがシスターをしていて、その姿がなんだか勇気付けられます。一生懸命していて、すごいな、と思います。こうして、みんな一緒に成長していくんだな、と思います。

 人のために利他心100パーセントで生きていきたいです。自分の評価とか責任とかどうでもいいから、純粋に利他心で生きていけるようになりたいです。

 明日も良い方向に向かっていけますように。みんなの素敵な発見ができる一日になりますように。読んで頂いてありがとうございました。