8月29日(土)「ダンス練習の1日――りかちゃんとネバーギブアップの練習&サムナイツ」

8月29日のなのはな

DSC06070
アセスメント演奏に向けて、そして9月のイベントに向けて、ダンス練習をしました。

午前中は、午後のアセスメント演奏に向けてのダンス練習です。 
1曲ずつダンスとコーラスを合わせていきました。 
みんなで体育館に集まり、見てくださる誰かをイメージして、表現する。 
自分がみんなの一部になっていくのを感じます。 
ふと、体育館に入ってくるりかちゃんの姿が見えました。 
卒業生のりかちゃんが帰ってきてくれて、午後のアセスメント演奏では、『ネバー・ギブアップ』を一緒に踊ります。 
りかちゃんの姿に、会えた嬉しさと、一緒に踊れる喜びが重なって、思わず手を振ってしまいました。

DSC06047
『ネバー・ギブアップ』。りかちゃんが振付けをしてくれた、大切な曲です。 
元々は5人で踊っているこの曲を、午後の演奏では4人で踊ります。 
改めて振りと立ち位置を確認していきました。 
りかちゃんが踊っているのを見ると、やっぱりこの曲はりかちゃんの曲だな、という気持ちになります。 
1つひとつの振りを深く理解していて、気持ちが溢れ出るように踊っている、そんなふうに感じます。

バンドのみんなの演奏に合わせて踊るのを、お父さんが見てくれました。 
「りかはやっぱり見せ方が上手いな。内に籠らず、人に魅せるという意識や踊り方がちがう」 
お父さんが教えてくれた、〝見せ方”〝人に魅せる意識”。 
その言葉に、りかちゃんが見せ方のポイントを伝えてくれました。 
ここは顔だけでなく胸も開く。顔の角度はこんなふうに。 
具体的な動き方を伝えてもらって、それを意識して踊ってみると、 
その振りをまた一歩深く理解できたように感じました。 
ここはそんなふうに身体を使ったらもっと厳しく美しくなるんだ、もっと気持ちを表現できるんだと、 
小さな発見が積み重なっていくようで、嬉しかったです。

 DSC06066

DSCN2251

午後は、9月のイベントに向けての『ネバー・ギブアップ』の練習です。 
まずは基礎練習から。以前に教えてもらっていた練習方法や、新しい基礎練習。 
鏡の中のりかちゃんの姿を見ながら、正しい形や動きの軌道、姿勢を意識してやっていると、 
夢中になってしまいます。 
基礎の動きの上に全てが積み重なっていることを感じました。 
正しい身体の使い方の答えは、ここにあるのだなと思いました。 
基礎練習をすると身体が動きやすくなることも感じて、日々の中で取り入れて、積み重ねていきたいと思いました。  DSC06039
曲の始めから、振りを細かく確認していきました。 
身体の使い方や緩急のつけ方を、りかちゃんが教えてくれました。 
力を入れるところと抜くところ。肩の入れ方や、顔の角度、膝や首の使い方。 
自分がどれだけ身体をちゃんと使わずに踊っているか、表面だけをなぞるように踊っているかを感じました。 
肩の引き方を意識したり、身体の角度を意識するだけで、見え方が大きく変わっていくのを実感しました。 
りかちゃんの踊りの〝見せ方”のヒントがたくさんあって、あるべき動きが見つかっていくようで、とても嬉しかったです。 
9月のイベントに向けて、より良いものにしたいと、新たなフォーメーションや、新しい振りも少し入りました。

りかちゃんがいてくれて、みんなと集中して練習できる時間が、とても嬉しかったです。 
りかちゃんに少しでも近づけるように、あるべき形や動きを、身体に入れていきたいです。 
そして、なのはなファミリーを伝える、自分たちの生き方や志を伝える力のある表現ができるように、 
みんなと頑張りたいです。

(ゆず) 

    *** DSC06034 
いよいよ、本格的に音楽練習が始まり、古吉野中が音で溢れています。 
先日、「サムナイツ」をの楽譜をもらい、ドラムのマーチングをすることになりました。 
メンバーは、りゅうさん、なおとさん、けいたろうさん、しほちゃんと私。 
高身長が集まって、楽器を持つと迫力が増して賑やかです。 
今回初めて、テナードラムという楽器を担当します。想像以上に、重くて立っているだけで汗が出てきました。 
楽器に負けないように、ずっと持っていられるように力を踏ん張り、力強くステージに立とうと思いました。

DSC05960

DSC05951

普段、金時太鼓の宮太鼓を叩いているので、その経験が活かされて叩けていると感じます。 
ただ、リズムを崩さずに叩くことができていないので、 
みんなの足を引っ張らず、テンポキープできる演奏にしたいです。 
特に、音が起きい分、自分の音で周りが聞こえなくならないように、 
周りの音をよく聞いて叩くことが大事だと思いました。

隣には、けいたろうさんがカスタネット、りゅうさんがスネア、 
なおとさんがシンバル、しほちゃんがバウドラム。それぞれの楽器の音に合わせて、 
最高のマーチングを目指して頑張りたいです。

今日は、貴重な休日の練習。りゅうさんが来て下さって、とても嬉しかったです。

 DSC06077
全員揃ったところで、さっそく曲を流しながらのフォーメーションの練習をしました。 
細かい手足の動作や、カウントに合わせた移動をしほちゃんが指導してくれて、 
みんなで確認することができました。 
身一つなら簡単に動けても、楽器を持ってなら思うようにはいかないことを実感しました。 
持ちながらでも、余裕を持って叩けるようにならないといけないと思います。 
   DSC06099
楽器を演奏するだけでなく、歌いながら動きながらとやることがたくさんです。 
聖徳太子のように、三つのことを同時に行いのは至難の業ですが、繰り返し練習して慣れていこうと思います。 
歌詞の和訳をよく頭に入れて気持ちを作り、表現者として見せられる演奏をしたいです。

(さき)