8月28日(金)「みんなと空を飛びたい ――音楽合宿2日目」

8月28日のなのはな

 午後、あゆちゃんにコーラス練習を見てもらいました。 
 イベントへの出演から遠のいているため、前回のコーラス練習から少し時間が空いてしまったのですが、あゆちゃんが声の出し方や、気持ちの入れ方について細かく教えてくれると、ウィンターコンサートの過程を一気に思い出し、表現者としての心持ちが蘇った感じがしました。美しい境地へとみんなをどこまでも精一杯引っ張ってくれるあゆちゃんが本当に優しいなと思ったし、こうしてみんなで積み重ねていける時間は「これぞなのはな」だなと思い、心が満たされる感じがしました。

 

2

 

 今日練習したのは『SOME NIGHTS』という戦いの唄です。

 練習の初めにあゆちゃんが唄の歌詞の和訳を配ってくれました。目を通すと、思わす涙が溢れ落ちそうになりました。何度も聞いたことがある曲のはずなのですが、想像していたよりはるかに深く、美しい歌詞に圧倒されました。私たちが今まで経験した悩み、苦しみ、希望、決意、野望、全てをひっくるめた宝物である『SOME NIGHTS』を歌わせてもらえることが本当にありがたく、光栄だと思いました。

 去年初めてあゆちゃんにコーラス練習を見てもらった時、自分の中の「歌」という概念が覆されました。「歌う」ことは、ただ綺麗な声を出すのではなく、一つ一つの音には持って行き場所、力の入れ方、感情の入れ方、などを含めたはっきりとした「あるべき姿」があることを初めて知りました。今日もあゆちゃんは、目に見えないはずのみんなの声をまるで部屋の中心の宙に浮かぶ、大きい、包むような存在として指導をしてくれました。

「声を部屋中に散らさない。口の前の筒に通して、遠くまで飛ばして歌う」「最後まで美しく、粘り強く音を届け、回収する」「勇気のある音は最後まで力強い。包容感がある」。あゆちゃんが表現する「音」は生き物のように動いています。みんなの声が綺麗に揃うと、周りの世界がその生き物に支配され、包み込む強さと美しさを感じられ、鳥肌が立ちます。

 

IMG_8773

cho

 

「この曲でみんなと空を飛びたい」、練習が終わる前に言ったあゆちゃんの一言が印象的でした。みんなの声が一つの美しい生き物として、現実の世界を飛び越えたい。空を超えた、私たちが切り開く新しい世界の境地に聞いている人を連れていきたい。そういうあゆちゃんの願いを思い、練習していきたいです。

 あゆちゃんにコーラスを指導されている時ほどみんなとつながっている感じがする時はないです。今日本当に貴重な時間を過ごせて嬉かったです。

 これからもみんなと一緒に美しいものを作り上げる時間を大切に過ごしていきたいと思います。

(えりさ)

***

 

 

IMG_8906

 

 強く、厳しく、美しく。新曲『アライブ』を極めるべく、少林寺拳法の稽古をしました。この曲は、少林寺拳法の型で構成し、型は少林寺拳法の指導をされている須原さん、経験者のあゆちゃんが教えてくれました。

「1、2、3、4」あゆちゃんの力強い掛け声で、まえちゃんと型の練習を繰り返します。一挙手一投足に気持ちを、力を込めます。 
 1つ。動きをしっかり止めること。どこで止めるのか、魅せるのか、明確にして意志を身体に伝えたいです。 
 2つ。身体を大きく使って、力を最大限に伝えること。気持ちも動きも堂々と、地に足をつけていきたいです。 
 3つ。打った拳、蹴った脚、受けた腕などが行きっぱなしではなくて、必ず元の位置に戻してから次に入ること。最後までけじめのある動き、心持ちでいたいです。 
 自分達のなかに、須原さんやあゆちゃんが教えてくれた型、あゆちゃんが教えてくれた、なのはなの心意気、型を通して表現する気持ちが積み上がり、それが全身に伝わり、力になっていくのを感じます。

 

IMG_8825

IMG_8923

IMG_8944

 

 あゆちゃんが見せてくれる型は、ここで止める、打つ、蹴るという場所がはっきりしていて、本当にそこに相手がいるようです。鏡に映る姿を見ると、拳や腕の角度、脚の開き加減、動きから動きの間などの小さな違いが、大きな見え方の違いになることも実感して、基本を大切にしていきたいです。

 1曲のなかで、静と動、強と弱があり、それぞれの単演や、2人で型をシンクロさせる部分があります。演奏はなのはなバンドに、和太鼓の演奏も加わり、演奏に見合った演技ができるように極めていきたいです。気持ちを研ぎ澄ませて、強く、厳しく、美しく、見ている人に気持ちを伝える『アライブ』を作り上げていきます。

(のりよ)

 

 

***

DP2Q0170

DP2Q0209
〈アンサンブル部のメンバーは『ガラスの香り』のパート練習を、1日を通して行ないました〉