「『非現実』の世界を作る為に」 まあ

8月27日

 今週末のアセスメント演奏、そして、いよいよ来月ある結婚式に向けて、今日は、1日音楽合宿が行われました。

 午前中は、「チープ・スリルズ&シェイプ・オブ・ユー」「ザ・グレイテスト」「ネバーギブアップ」の3曲の復習&音入れをしました。ソプラノには、サリーちゃん、せいこちゃんが入ってくれて、新しいメンバーが増えて嬉しかったです。

 歌っていると、昨年末のウィンターコンサートであゆちゃんが教えてくれた1音1音の表現の仕方や、その音に込める気持ちが蘇ってきました。注意することや、「こうしたい!」と思う部分の連続だから、歌っている時、一瞬たりとも気が抜けなくて、ずっと緊張感が続いていました。

 今年はイベントに出る機会が少なく、人前に出て演奏することから離れてしまっていた為、この緊張感をいつの間にか忘れてしまっていたなと思いました。こうして練習してみると、いつの間にか自分は一般人をしていたことに気づいて、正直、少し焦ったし、「非現実」の世界を作る為に、自分自身もそこに気持ちを持って行く為に改めて、気持ちを作り直さないといけないなと思いました。

 

 午後の「サムナイツ」のダンス練習では、ゆりかちゃんが教えてくれるフリも、空気も、厳しくて、その厳しさがとても美しいと思いました。

「これは戦いの歌なんだ!」
 練習中、ゆりかちゃんが何度もそう言ってくれました。
『何もかもが上手く行かない日ばかりでやりきれない気分になったり、そんな日もあるさって切り替えられる日もある・・・。ぐずぐずしている暇なんて無い。ここは、戦場なんだ! ルールなんて最初からあってないようなものなんだ、見た目だけの世界に惑わされたりなんかしない』
 以前、あゆちゃんが和訳してくれた歌詞をゆりかちゃんが少し読んでくれた時、涙が出そうになりました。この曲の意味をしっかりと噛みしめて踊りたいし、こうして踊ることで、気持ちを創らせてもらう機会、演じることで自分を高める機会をもらっていることを改めて思いました。指の先の先まで神経まで張り詰めている緊張感。フリの鋭さと、柔らかさの緩急の付け方。とても難しいけれど、ゆりかちゃんが教えてくれるものを全て吸収し、表現出来るようになりたいです。

 自分の未熟さを痛感するけれど、でもやっぱり表現することが楽しいです。
 自分の身体や、声をフルに使って、気持ちを表現すること。
 今日、歌っていても、踊っていても、自分の気持ちと身体が『一致』してくれているのが分かりました。これは、今まであまり感じたことが無い感覚でした。

 今回、新しいメンバーとこの曲を踊らせてもらえることがとても有り難くて、誇らしいことだと思いました。
 大好きなあゆちゃん、りゅうさんと仲間であれること。
(自分たちは、こう生きていくんだ!)と力強く前進していく誓いの曲だと思いました。
 結婚式でさえも、自分たちの気持ちを創る一つにしてくれるあゆちゃん、りゅうさん、なのはなファミリーが本当に素敵だと思いました。どこまでもお互い様なのだなと思います。あまり結婚式に出席した経験は無いし、記憶も無いけれど、自分たちで作る、なのはなファミリーの結婚式が楽しみだし、自分も出来ることを精一杯頑張りたいです。