「ササゲの収穫」 しなこ

8月24日

 夕方の作業で、おじいちゃんの畑のササゲの収穫をしました。
 土曜日の肝試しの日にみんなで収穫をする予定だったのですが、その時間帯の天候が悪くなってしまって、10分くらいの短時間の収穫となりました。なので、まだまだ収穫できるものが沢山ありました。

 ササゲはおじいちゃんの畑3枚に植わっていました。
 畑に着くと、茶色い莢が沢山ついていました。
 1人1袋米袋を持って、収穫をしました。
 カラカラに乾いた莢をとっていきます。莢は長いものが多くて、20センチくらいのものあって、沢山豆が詰まっているんだなと思って嬉しかったです。
 採っても採ってもまだまだあってササゲの世界でした。
 青空市場の前の畑では、第1弾と2弾があって、品種も2種類あるようで、のりよちゃんが教えてくれました。第1弾は「金時ささげ」で、第2弾は「だるまささげ」という品種だそうです。
 莢の見た目に違いは感じられなかったけれど、中の豆に何か違いがあるのかなと思って、莢だしや選別の日が楽しみだなと思います。自分の勝手なイメージですが、だるまの方は豆もぷっくりして、コロンとしていて、金時の方は甘味もあるのかなと思いました。
 青空市場の畑では、前回にも収穫してくれていて、茶色く乾いた莢が少なめだったり、第2弾はまだ緑の莢があって、まだこれから収穫できていくようでした。
 なので、30分ほどでこの畑の収穫を終えることができて、順調だなと思っていました。

 次の畑はキウイが植わっている畑で、この畑一面もササゲでした。
 ここの畑も順調に進んでいけるかと思っていたのですが、ササゲが採っても採ってもまだまだあって、なかなか前に進みませんでした。それくらい沢山ついていました。
 みんなも集中してササゲをとります。
 どんどん米袋が膨らんできて、重みも感じられました。約1畝採り終わったころには、米袋がパンパンになっていました。
 時間内には全部の畑のササゲを採ることができなくて、あと4畝と、おじいちゃんの家の前の畑が残ってしまったのですが、今日だけでも米袋12袋くらいとることができて、沢山収穫できました。今日は9人で収穫をしていたので、大人数だったら終わっていたかもしれません。でも、また収穫できる楽しみができたので、またみんなと収穫できたら嬉しいなと思いました。
 ササゲの収穫が楽しかったです。

 ダンスメンバーの練習が始まったり、アンサンブルの練習も始まっています。アセスメントやあゆちゃんの結婚式に向けて動き出しています。私はダンスや楽器のメンバーには入っていなかったのですが、その分、作業や自分のできることを精一杯頑張りたいし、気持ちはみんなと同じでいたいです。

 ありがとうございました。