「家族の中で」 よしえ

8月17日

○家族の中で

 自分のことになってしまうのですが、8月15日、お誕生日を迎えました。
 当日「盆踊りフェスティバル&花火大会」があり、盛男おじいちゃん、りゅうさん、普段仕事で忙しいなおちゃんもいてくれて、家族全員の中で、お誕生日を迎えられたことが、とても嬉しかったです。

 食堂に行くと、笑顔で手を振っている私の似顔絵と、私の好きな物、私にまつわる物が描いてくれてあって、みんなが笑顔で「ハッピーバースデー」を歌ってくれました。
 1人ひとりの笑顔を見ると、やっぱりみんなのことが大好きだと思いました。
 
 みんなが食事の席で私に向けてくれた言葉は、自分にはもったいない言葉でした。
 でも、みんなが私の良い所だけを拾ってくれて、伝えてくれる言葉と笑顔から、みんなの気持ちを感じて、とても嬉しかったです。
 少し恥ずかしい気持ちもあったのですが、みんなの中での自分の存在がどういうものかということを知ることができたし、そして、みんなが言ってくれたような人になっていこうと思いました。

 お父さんが「よしえは安定感がある」と言って下さったように、どんな時も変わらず、朗らかでいられる人。
 お母さんが、「よしえがなのはなにいてくれると、心強い」と言って下さったように、色んな意味で、ななはなに貢献できる存在、どんな小さな事でも力になれる存在、役に立てる存在。「あなたがいてくれて良かった」と言ってもらえる人。
 心の中はどうであれ、いつも笑顔で、その場にプラスの空気を与えられる人。
 1人を謹んで、上品でいるけれど、時にはパワフルに力強くいられる人。
 仲間を守れる強さ、本当の優しさを持った人。
 
 欲張り過ぎかも知れませんが、そういう人になれるように、みんなの中で、みんなの尊敬できるところを吸収していきます。
 その時々で、何が一番大切なのかを、ちゃんと判って行動できる人になります。
 目の前のたった一人の人のために、優しい行動ができる人になります。
 そう簡単にできることではないけれど、そう願って生きていたら、きっとそんな人になれるはずです。

 私が今、笑顔で毎日、楽しくいられるのは、お父さんお母さん、みんなの存在があるからです。
 大好きなみんながいて、日々の小さい幸せを感じ、その積み重ねで心満たされる瞬間がたくさんあって…。
 仕事から帰ってきても、みんなの笑顔と、安心できる場所があるからです。
 
 私は、認識力も低く、浅い所で手を打ってしまうようなところがたくさんあって、間違ってばかりです。
 年相応の判断や行動ができなかったり、未熟なところがたくさんあって、抜けているところが本当に多いと自覚しています。
 でも、そんなところ全部を、お父さんお母さん、みんなが解ってくれて、許してもらって、助けてもらっています…
 自分の微力さを感じながら、でも、みんなの優しさや力を感じていて、本当に感謝しています。
 
 でも、だからこそ、みんなで一緒にやる楽しみや、喜びを感じられているのだと思います。喜びも楽しさも、みんながいると倍増です。
 お父さんお母さんが教えて下さる「お互い様の関係」を日々感じて、その関係を、ちゃんと作っていきたいです。
 ちゃんと作って、なおちゃんやみかちゃんのように、社会に出ても、なのはなの優しさを広げていける人になります。

 どんな自分でもみんなが受け入れてくれるから、私はありのままの自分でいられるのです。
 どんなに失敗しても、許してくれて一緒にいてくれる仲間がいるから、何も恐くないのです。
 ありのままの自分で良いと思えるのです。

 私がなのはなに来たのは、38歳の時です。
 ずっとそれまで、生きている意味もわらず、自分はいない方が良いとずっと思っていて、どこにいても何をしていても孤独で、出口のないトンネルを彷徨っていました。
 でも、最後の最後に、なのはなファミリーに辿りつき、お父さんお母さん、同じ志を持った仲間と出逢うことができました。
 本当に、何のために生きているのかわからなかった私が、毎日笑顔でこうして生きていられることが奇跡のようです。
 スタートは遅かったかも知れません。でも、年齢など関係ないということを、私が示していきたいです。

 私の姿を見て、たった一人でも良いです。ほんの少しでも良いです。希望を持ってもらえたら…と思います。
 私が、お父さんお母さん、みんなからもらった優しさや信頼を、まだ見ぬ誰かに還元できるような生き方をしていきたいです。
「誰かのためでないと、人は生きられない」お父さんお母さんが教えて下さるように、自分の為だけでは頑張れません。
 利他心を持って、誰かを想って生きていきます。

 

 そして、「神様は必ずいます」とお父さんが言って下さったように、お父さんとお母さんのように、お互いを想い、尊敬し合えるパートナーと必ず出逢えると信じています。
 本当は、案外近くに居るのかも知れません… 

 

 夜には、花火大会がありました。
 花火師さんが考えてくれて、夜暗くなってから、そして日中の暑い中も準備してくれて、とても素敵な花火を見ることができました。
 手持ち花火や、打ち上げ花火…とても堪能できたし、贅沢な時間でした。
 
 途中、みんなの目標なども聞かせてもらえて、その目標が、打ち上げ花火と共に、高く高く上がっていくのも、見ていて胸が熱くなりました。
 そして、サプライズの、お誕生日のメッセージ。
 ゆりちゃんとたけちゃんとも一緒に、みんなの中で成長していきたいです。
 そういった細かい所への気遣いからも、みんなの優しさを感じ、特別で嬉しかったです。
 
 本当に本当に、今年の誕生日もスペシャルで、贅沢で、みんなと過ごせて嬉しかったです。
 忘れられない、大切な思い出の1日でした。

 
 私が生き返った場所。
 私の帰ってくる場所。
 私の心の故郷は、お父さんお母さん、みんなのいる、ここ、なのはなファミリーです。

 お父さんお母さん、みんなのことが大好きです。
 読んでくださってありがとうございます。