8月18日(火)「『奇跡の山』登頂へと一歩ずつ ーー藤井先生のアコースティックギター教室」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月18日のなのはな

P8180008

 

 花、莢をつけはじめた大豆に、水やりをして回りました。 
 連日の暑さで、どの野菜も水を必要としていますが、このタイミングでの水やりで大豆が少しでも充実してくれたらと思います。

 水やり、とひとくちに言っても、効果的なやり方になっているのか、機材や道具を抜かりなく準備できるか、時間を最大限につかえるか、などの難しさを感じます。 
 なのはなファミリーの主要な畑には農業用タンクとホースを設置しており、エンジンポンプが無いときでも、高低差を使って、簡単に水やりをできるようになっています。そうした、今までお父さんや畑のリーダーを務める子たちが作ってきた仕組みを存分に使い、より効率よく、適切に手入れをしていきたいです。

 

P8180020

 

 他にも、ソバの唐箕がけや、山畑下の開墾作業など、さまざまな作業を進めました。 
 明日は野菜の牛肥やりツアーを予定しており、この夏の暑さを乗り切り、収穫につながる力を、野菜たちがつけてくれれば嬉しいです。

 

P8180013
〈細長い品種のパプリカを収穫しました。  見た目はとっても辛そうですが、れっきとしたパプリカです!〉
P8180010
〈日中は室内で、先日の盆踊り大会でつかった浴衣や帯をたたんだり、作文を書いたりして過ごしました。また、週末のお楽しみ会に向けて、実行委員による準備も進んでいます〉

 

 

***

P8180023

 

 毎週火曜日の夜はアコースティックギター教室。藤井先生が作って下さる、暖かくて穏やかな空気。その中でアコースティックギターの練習をする時間がとても嬉しいです。

 『奇跡の山』という曲を1か月ほど前から練習しています。私はまだ2ページ程しか進んでいないのですが、藤井先生が焦らずに、楽譜だけを見て進むのではなく、手の形や指の使い方など基本のことからしっかりと自分の中に入れていくと良いと教えて下さり、毎回の練習で、少しずつですが確実に前に進んで、どんどん指使いも、ギターを弾いていてもやりやすくなっていくのを感じます。

 

P8180029

 

 早く弾けるようになりたいと焦る気持ちもあるのですが、型からしっかりと自分の中に染みこませて、その後でどんどん難しい部分や先に進んでいきたいなと思います。藤井先生が1人1人、その人の段階にあったレベルの所までを教えて下さり、いつか絶対にできる、この曲を最後まで演奏するんだと強い気持ちを持って、諦めず、トコトン練習を頑張りたいと思います。藤井先生やアコースティックギター教室のみんなと練習ができる時間。みんなのなかにいられるだけで嬉しくて、心が癒されて、ギターの音色に落ち着きます。まだ道のりは長いのですが、練習をしっかりして、レベルアップしていけるように頑張ります。

(ななほ)

 

P8180033