「着々と」 ななほ

8月13日

 昨日の事になるのですが、朝にあやかちゃんも来てくれて、よしみちゃんも含め、ゴーヤの収穫に行きました。一昨日は収量が落ちて、2コンテナ分しか収穫ができなかったのですが、あやかちゃんのパワーのお陰で、白いゴーヤが特に喜んでいて、合計で5コンテナ分、130本以上のゴーヤが収穫できました。キロ数にすると、50キロを超えていて、河上さんやふみちゃんがゴーヤの佃煮も作って下さるそうで嬉しかったです。
 
 また、午前はグラウンドと中庭の環境整備をし、みんなと花壇やグラウンド。グラウンドと中庭の外周、アサガオの付近、ロータリーやグラウンドの奥のサッカーゴールの辺りの隅々まで、綺麗に草取りをしました。途中、暑さが激しくて、体育館でみんなとお茶休憩をしたのですが、たけちゃんとあゆみちゃんが遊びに来てくれて温かい気持ちになりました。
 外にいたらあまり感じないのですが、体育館の床が冷たくて、ついつい横になってしまいました。大きな扉から入ってくる風も気持ちよく、冷たくて、本当に夏らしい気候だなと思いました。

 午後からはチームのみんなと衣装考案をしたり、小道具の制作も進み、私たちのチームも無事に浴衣と帯が決まりました。個人的に考えていた帯紐や、帯飾りの案も想像だけではなく、目に見えて分かってきたし、小道具制作では、今日でかんざしが完成し、人数は少なかったのですが、りなちゃんが虹を作り、私が蝶々と母ボックスと、折り紙などを作り、チームのみんなと細々と作業を進めました。
 チームで制作物があると、どうしても手が止まらなくて、気が付いたら2時間以上も細かい折り紙を折っていたり、いつの間にか全ての制作物が終わっていたりします。
 私はあまり小物作りが得意ではないように思っていたのですが、やっぱり楽しくて、意外と綺麗にできて、ツルも桃花も綺麗に折れました。夜には飾り帯の蝶々も作る事ができたり、踊りもできて良かったし、お父さん、丘さんにも確認させて頂けて、今のテーマで進めていきたいと思います!

・色々な視点から

 朝は水やりの作業をさせて頂き、「1人で大丈夫です。」と言ったものの、内心は終わるか終わらないか、ドキドキしながら畑に向かいました。オクラ・ゴーヤ・キュウリにピーマンの水やりを1人でするのは無理があるなと分かっていたのですが、ゴーヤとキュウリは細々作業でできるし、早急ではないので少しゆとりはありました。
 でも、ビワの木畑のオクラの水やりがジョーロだったので、合計で50ジョーロ分の水やりを往復したので、途中から笑えてしまいました。途中から、気が付いたら雨が降ってきて驚いたのですが、これでキュウリとゴーヤは大丈夫だなと思ったし、オクラは葉が茂っているので、水やりの方が良いなと思い、最初にオクラの水やりから始めて良かったなと感じました。

 オクラの水やりをしていると、15センチ程のカブトムシより大きなカミキリムシのような物がいて、私まで噛まれたらどうしようかと怖くなってしまったのですが、その分、小走りで鼻歌を歌いながら作業をしたら、温かい気持ちになりました。それに加え、後半はあゆちゃんとなおとさんがエルフに乗って、吉畑付近で作業をしていて、1人ではないから大丈夫と思えて良かったです。
 どうして私はこんなに怖がりなのかと思ったのですが、以前の怖さとはまた少し違い、(きも試しは未だに怖くてドキドキしていますが)、私にも守るものが増えたのだと思いました。(オクラの為ならカミキリムシに負けるものか)、(ゴーヤの為なら1人でもへっちゃらだ!)と思いながら、時々寂しくなるけれど、野菜と作業ができるのがとても嬉しいです。

 水やりをしているといつもとは違った視点から野菜を見る事ができて嬉しかったし、朝食後にはあばしゴーヤと寿限無の収穫もできて、あばしが11本、寿限無が2本収穫できて可愛かったです。
 お昼の集合でお父さんが「あばしゴーヤのあばしはハリセンボンという意味なんだよ」と教えて下さり、(ふむふむぬくぬくがカクレクマノミみたいな感じなのかな)とも思ったり、今まで何人かの人が「あぼしメロンのあぼし?」と聞かれた事があったのですが、メロンのとげを想像すると、やっぱり意味不明で、そのあぼしは「網干」なんじゃないかなと思いました。

・楽しい時間

 午前は細々作業ができたり、スイートコーンの収穫もなおとさん、みほちゃん、りなちゃんと行かせて頂き、第10弾を全100株収穫させて頂きました。なおとさんの収穫はものすごく早くてビックリしたし、道中でのなおとさんの会話とか、「夏みたいな天気だね~」となおとさんが言い、「だって夏だもん!」と私が言い、何気ない会話も、本当になおとさんがお兄ちゃんみたいで面白かったです。
 100本の皮むきを4人で進め、最後は2人だったのですが、5分で全ての皮むきができました。そのスピード感が自分でも分かるくらい早くて嬉しかったし、その後も台所に入らせて頂き、塩ずりや悪い所落とし、カットに、洗い物など、効率よく動けたかなと思い、台所作業の時間が楽しかったです。

 お昼の野菜切りでもヘルプに入らせて頂き、白いゴーヤに白い玉ねぎとカラフルなパプリカを使ったマリネの準備をさせて頂きました。赤・オレンジ・黄色・紫のパプリカを白に投入した時は感動したし、夕食にマリネが出ていて嬉しくて贅沢で、ついにゴーヤも佃煮作りが始まり、白ゴーヤだけの副菜も出て、我が子を送り出す親の気持ちになった気分になりました。(まだ15歳なので分かりませんが)
 また、昼食にスイートコーンやお汁ものに副菜。マルゴの塩焼きに、何と牡丹餅も出ていて、今の季節は牡丹餅ではなく、あんころ餅とエゴマきな粉餅というらしいのですが、ものすごくボリューミーで美味しくて、幸せに味でした。
 今日は1日、永禮さんが来て下さって、開墾作業を進めて下さっていたり、とてもありがたく嬉しかったし、永禮さんの笑顔が本当に眩しかったなと思います。

 チームの準備も着々と進み、中々メンバーが全員揃うことが無いのですが、フォーメーションと照明、踊りの練習や準備も進み、あとは練習のみです。本当に本番が楽しみで、あゆちゃん達のパンフレットや実行委員さんも楽しみだし、永禮さん達のかき氷も、みんなの出し物も、花火大会も楽しみです!
 夜の集合の時にまちこちゃんからの差し入れのクリームコロネも頂けて、とても美味しくて、嬉しい気持ちになりました。