「プランを立てて動くこと」 えみ

8月10日

*チーム作業
 午前中にはチーム作業がありました。私はサリーちゃんといよちゃんと一緒に、主に水やりをしました。3人のミッションは大玉トマト、ミニトマト、オクラの水やり、それから崖崩れ下ハウスの内周外周の草取り。
 9時半から12時半までの3時間あったのですが、予想以上に早く進んで目標の作業は大体半分ぐらいの時間で終えることができました。あまった時間では、気になっていたミニトマトと大玉トマトの脇芽摘み、三角メロンの誘引、ゴボウの草取りを進めました。

 私は今日初めて3人の中でリーダーのような形で動かせてもらったのですが、プランを立てて動くことの難しさを感じました。でもそれ以上に効率よい作業ができるとすごく嬉しかったです。一通り終わった後にサリーちゃんがすごく動きやすかったということを言ってくれて、無理させてしまったかなと思っていたので救われた気持ちになりました。
 時計を頻繁に見ながら動いていると、5分や10分など短い時間の中でもできることはたくさんあるのだなと気づきました。それぞれの作業を何分で終わらせて、次は何をしてということを考えるだけでもすごく頭を使う感じがしました。それ以外にも周りを常に意識しないといけなくてリーダーの役割って大変なのだなと思いました。
 もっとみんなの中で役に立てるように動けるようになりたいし、普段の作業でもリーダーさんに気を添わせられるようにしたいです。

 今日からまりのちゃん、けいたろうさん、りなちゃんと一緒に苗を見させてもらいことになりました。この間種をまいたキャベツはすでに9割近く発芽していて、そんなに早く芽が出ると正直思っていなかったので驚きました。キャベツの芽とそっくりの雑草が苗床にたくさん生えていて、本当にどの野菜にも似る力があるのがすごいと思ってしまいました。これから定植までいい形で育てられるように、どの苗も大切に見ていきたいです。

 読んでくださりありがとうございました。