「土寄せのために」 ゆい

8月8日

○昨日のこと
 昨日から、盛男おじいちゃんが泊まりにきてくださっています。少し久しぶりにお会いした感じがしたので、とても嬉しいです。
 昨日は、雨予報が出てしまい、大急ぎで小豆の土寄せや、他の作業を進めました。早朝作業では、昨日お父さんがお話してくださっていた、タマネギの冷凍作業にも入ることができました。できるだけまな板の上でカットすることや、スピードを上げることを、ゆりかちゃんや、ペアだったさくらちゃんから伝えてもらって、2時間で8コンテナ分が進むと、ゆりかちゃんが、「すごい! はやいです。これなら今日中に終わりそう」と言ってくれました。朝食後からは、私はタマネギ作業ではなかったのですが、膨大な量のタマネギも、良い形で保存ができたようです。

 私は、午前中、小豆の土寄せのために、まえちゃん、なおとさんと管理機がけをしました。私にとっては、ずっとこの日が来ないかと待っていた、挽回の日です。1月ほど前に、急な都合があり、初めてトウモロコシの畝間に管理機をかけたのですが、うまくいかなくて、いざ土寄せしようと思うと、(耕された部分、浅すぎっ)という感じで、みんなをがっかりさせてしまったということがありました。

 土寄せの時、耕されていたら、本当に嬉しいものです。最高に楽しいし、この一手間だけで、たっぷり土寄せができます。
 今回、その役割りが回ってきたのですごく嬉しかったです。(よし、今回は絶対にふかふかにして、みんなに最高の土寄せを楽しんでもらわなければ)と気合いを入れて、念のために鍬ももっていきました。以前、足で確かめただけでOKと思ったら浅かったので、一度自分で土寄せしてみて本当にこれでいいか確かめることにしました。
 私は梅林手前を担当し、まえちゃんが土がかたいから2回かけたほうがよさそうと教えてくれたので、様子を見ながら2回かけました。鍬で実際にやってみるとたっぷりと土があがっていい感じ。

 2時間でここ1枚くらいかな、とまえちゃんが言ってくれていたのですが、40分ほどで終わり、次の畑にもいくことができました。ふと梅林手前から見下ろすと、まえちゃんとなおとさんが、とばしさん裏畑を管理機がけしている姿が見えました。「みんなの土寄せのスピードが速いから、どうしても、午前の内にできるだけ進めておきたいんだ」とまえちゃんが言ってくれていたので、次も終わらせておこうと思いました。

 須原さんが送迎してくださり、うなぎとり畑のところの、前原さん畑へ。
 須原さんが土がかたいと、正転では前へと転んでいくことがあるから、逆転でかけるといいと教えてくださり、やってみると、非常にやりやすくうまくいきました。この畑はターンもしやすいスペースがあり、ふかふかに仕上がりました。
 大急ぎで帰ると、もう土寄せに出たみんなもいるということを聞き、私も昼食をいただいてから土寄せに出ました。

 土寄せも順調に終わり、その後、キュウリの病気の葉摘みや、サツマイモの補植も進みました。サツマイモといえば、サツマイモを食い荒らしていたイノシシが、早速罠にかかったそうなのです。逃げられてしまったのは残念ですが、これは捕まるよとお父さんが言った場所にそのままジャストでかかるというのが格好良かったです。サンチャゴとカジキマグロの話ではないですが、捕まっただけで、すごく面白くて満足感があるように思いました。

 夜はセブンブリッジ大会で、今回は旧暦の七夕スペシャルでした。それに、おじいちゃんも参加してくださいました。おじいちゃんひろちゃんペア、お父さんお母さんペアのいるリーグで、私ははじめてひろこちゃんとペアで対戦しました。
 集計係をしながらゲームをするというのは、ちょっと頭が忙しかったけれど、何回か勝って、チームに貢献できて安心しました。

 みんなが書いた七五調の願いごとも読まれたり、お父さんお母さんが選ばれた受賞作には、その人がいるセブンブリッジのチームにポイントが加算されました。毎月、7日を楽しみにしていて、今回もみんなとできて良かったです。

 そして、その後ですが、お母さんに、スイカのぬか漬けの味を、さやねちゃんと一緒にみてもらい、明日出してもいいよ、と言ってもらいました。みんなと準備して、さやねちゃんにつけて貰ったぬか漬けを、みんなと食べられるのが、すごく嬉しいです。
 何度も書いてしまいますが、皮がシトルリン2倍なのです。ちょっと不思議な味ですが、面白がって、みんなで食べられたらいいなと思います。
 やってみて思ったのは、ちょっと果肉がついた部分より、果肉なしの方が美味しいです。ネットでは、少し果肉つけるとフルーティとの情報がありましたが、(うむ。これについては、果肉ないほうが断然いいな)と思いました。使ったのは全て未熟スイカではあったのですが、直径が15センチほどの小さめのものの方が美味しいのではと思いました。