「みんなに助けられて」 ななほ

8月8日 土曜日

 朝食前、よしみちゃんとなつきちゃんとゴーヤの収穫に行きました。
 昨日の夕方に雨が降ったからか、今日は傷みが多かったのですが、中畑に行くと、あばしゴーヤが大きくなっていて嬉しかったです。

 細々作業が中々入らなくて、中畑のゴーヤがずっと放任状態だったのですが、ものすごく大きな実がついていました。
 何もしていないからこそ、野生の心を持ち続けてくれていて、大きな実をならせてくれていれているのが、本当にありがたいなと思いました。
 箱に入れて、リボンを結びラッピングもさせて頂いたので、もしよろしければ、お父さんとお母さんに味の確認をして頂けたらなと思います。

 

・お仕事組さんパワー

 午前は急遽だったのですが、2チームに分かれて作業を進めました。
 玄関下には20人以上のみんなの姿があり、お仕事組さんやなおちゃんの姿があって元気が出ました。
 私は古吉野組の作業に入らせて頂き、なおちゃんやよしえちゃん、さやねちゃんに計7人のみんなと作業をしました。

 なおちゃんが、「もしよければ、ななほちゃんにリーダーをお願いできたら嬉しいです。」とユーモア交じりに話してくれて、
(私なんかで良いのだろうか?)という気持ちもあったのですが、ここで断るのもおかしいしと思い、「わかりました」と伝えました。
 アスパラ畑の草取りに、やよいちゃんから任されたミッションと、何も見当がつかなく、段取りも分からない状況だったのですが、お仕事組さんの空気に助けられて、緊張はしたけれど、どんどん自分の固さが緩くなっていくのを感じました。

 アスパラ畑は畝間がメインの草取りで、畑についた瞬間、草の量に驚いたのですが、やるしかないという気持ちで臨みました。
 三角ホーを持ち、ザックザックと草を取り進める感覚が楽しくて、時間があっという間に過ぎてしまいました。
 どんどん前に進んで、畝間が綺麗になっていくのが気持ち良くて、リーダーと言っても掛け声くらいで、みんなと集中して作業ができて良かったです。

 私が何かを言う度に、お仕事組さん達の「ハーイ」という返事が聞こえると、(あ、本当に受け入れてもらっているんだな)と感じました。
 そう思う度に、最近、なぜかびくびくしている様な、臆病な感覚が無意識にあるなと感じるのですが、それと同時にお仕事組さん達の、ただ、ただ、好意的な空気に助けられて、本当にその事にどれだけ救われるか分からないと思いました。

 草取りは思っていた以上にスムーズに進み、全11畝の畝間の草を無事に刈ることができました。
 終わった時は気持ち良かったし、途中でのりよちゃんたちが来てくれて、みんなで終わらせられたのが嬉しかったです。
 畝間の後は、少しだけ畝の上の草取りを進め、Aチーム作業となのはなのアスパラ畑の草取りと、キュウリの葉摘みに分かれました。

 キュウリの作業ができたのが嬉しくて、お仕事組さん達に申し訳ない様な感覚にもなったのですが、なおちゃんが「私、こういう作業意外と好きかも!」と言ってくれて嬉しかったです。
 よしえちゃんの明るい掛け声にも救われたり、Bチームニュースを伝えると、みんなが嬉しそうに笑ってくれて、本当に温かい気持ちになりました。
 また、目標は3畝だったのですが、どんどん進み、最初はお父さんのちりばめ方式、後半は全員で1畝に入り、何と、全11畝中、10畝が終わりました。

 昨日までも、4畝と、6畝目までの半分が終わっていたのですが、こんなに終わるとは思っていなくて、お仕事組さんパワーだと思いました。
 誰が早いと断言できるような作業ではないけれど、お仕事組さんの空気や明るさが、本当にいてくれるだけで救われて、私もこうあらないといけないなと感じました。
 キュウリの作業ができて嬉しかったし、昼食にはスイートコーンが1本丸ごと出ていて、私のスイートコーンは毎回、上のてっぺんまで粒がギッシリ詰まっていて、本当に贅沢で豪華な昼食に元気が出ました。

 

・盆踊りチームスタート

 午後からは盆踊りコンテストのチームが発表されて、私もイベントで初めてリーダーをさせて頂くことになりました。
 少しドキドキするのですが、メンバーが小さい子揃いなのか、可愛くて、面白くて、穏やかだけれど元気で明るく、とても楽しいです。
 今日は衣装と曲を決め、演出も考えることができて、これから踊りを詰めていきたいし、私も頑張りたいと思いました。
 時間が合ったら、制作物もできたらなと思うし、みんなの髪の毛をアレンジできるように少し研究したいと思います。

 明日からの練習も楽しみで、やっぱり私には遊びが足りないんだなと改めて感じました。
 大人になりたい気持ちがあるけれど、やっおありまだ子供でいたい感覚もあって、色々な葛藤もあるけれど、もうそれも全て味わい尽くしてやると思って、気持ちを落としすぎないように、前向きさを忘れず、希望を持つ事を忘れないようにします。
 今日もありがとうございました。