「盆踊りコンテストの準備」 えみ

8月8日
 
 今日から3連休ということで、朝からお仕事組さんやりゅうさん、そして盛男おじいちゃんもいてくださって過ごせたのが嬉しかったです。人数が増えるとそれだけでにぎやかな雰囲気になるなと感じます。

*キャベツの鉢上げ
 午前にはまりのちゃん、みかちゃん、けいたろうさんと一緒にキャベツの鉢上げの作業をさせてもらいました。
 鉢上げと聞いて何をするのだろうと疑問に思っていたのですが、今トレーで育てている苗が根をさらに伸ばして大きくなれるようにポットに移し替えることだと分かりました。キャベツの苗は全部で約850あり、今回は4人という少ない人数だったのですが、流れ作業でどんどん進めていくとスムーズに進みました。私はひたすらポットに培土を詰めていく役割だったのですが、培土は普通の土と違ってふかふかで触り心地が気持ち良かったです。
 いつも一緒に作業させてもらうと思うのですが、まりのちゃんやみかちゃんは作業の手つきが常に正確でそれなのに早くて、私も見習っていきたいなと感じます。ただ種をまいて定植するまでの間にもさまざまな必要な手入れがあるのだと知って、改めて野菜作りは難しいなと思いました。

 

*盆踊りコンテストの準備
 午後には、いよいよ1週間後に迫った盆踊りコンテストに向けた準備の時間がありました。チーム発表もこの時間にあり、私はさやねちゃん、サリーちゃん、よしえちゃん、けいたろうさんの中でやらせてもらうことになりました。
 今回よしえちゃんは別作業で来ることができなかったのですが、4人でまず踊る曲をどれにするかから始まり、寸劇もいれたいねという話になってその構成を決めるところまで進みました。みんなで知恵を振り絞って自由に考えることができた時間がとても楽しかったです。やるなら中途半端ではなく本気でやりたいという気持ちがみんなから伝わってきて、そんな雰囲気の中準備を進めていけるのが嬉しいなと思います。
 さやねちゃんが、「踊りは私が見るから大丈夫」と言ってくれて、すごく心強いしありがたいなと思いました。これから本番まであまり時間はないけれど、毎日の習慣練習など貴重な時間で上達できるようにしたいです。
 
 昨日のことになってしまうのですが、朝から陶芸教室に行かせてもらったり夜にはセブンブリッジ大会もあったりして盛りだくさんの1日でした。前回の陶芸教室で作ったスイカ型の蚊取り線香入れも、焼いてくださったものを持ちかえってくることができてみんなにも見てもらえたのが嬉しかったです。これからみんなで寝るときなどに使っていけるのが楽しみです。

 読んでくださりありがとうございました。