「効率の良さを目指して」 ななほ

8月7日 金曜日

 今朝は久しぶりにゴーヤの収穫に行かせて頂き嬉しかったです。
 最近はゴーヤがたくさん収穫できていて、食卓にゴーヤチャンプルやゴーヤの佃煮などが並びとても嬉しいです。
 収穫は私1人だったので、最初は終わるか心配だったのですが、全部で120本近く収穫ができて、キロ数にすると、40キロ以上と、日に日に収量も上がり、ピークになっています。

 今朝は全部で5コンテナ分の収穫ができて、丁度、通りすがりののりよちゃんが車で来て、ゴーヤを運ぶのを手伝ってくれました。
 嫁入り作業も久しぶりだったのですが、色々な視点から野菜を見れたり、疑問点などものりよちゃんに質問させて頂けて良かったです。

・輝く粒

 午前は斜畑と第一鉄塔畑の里芋の土寄せをしました。
 今回は子芋が見えている株の実の土寄せだったので、スコップと手スコを用意して向かったのですが、予想以上に手スコが使いやすく、予備で持っていって正解だったなと思いました。
 土寄せの後は、ゴーヤの葉摘みを少しだけして、昼食の30分前からはスイートコーンの皮むきなどをしました。

 久しぶりのスイートコーンで気持ちが高まり、猛スピードで皮を剥いていくのが気持ち良かったです。
 私は普段、台所に入ることが無いのですが、今日は台所でスイートコーンの配膳準備も手伝わせて頂きました。
(こんな私で良いのだろうか)という不安もあったのですが、今まで、野菜切りや製粉部で台所に入らせて頂く事があったので、何がどこにあるか、何を気をつけたら良いのかは少しは分かっていました。

 やよいちゃんに任せて頂き、最初は塩ずりの作業をしていたのですが、その後、大鍋でスイートコーンを茹でさせて頂きました。
 茹で時間は2分40秒。前回よりも少し長いのかなと思ったのですが、いざタイマーがなると、あっという間でびくっとしました。
 熱々の大鍋に気をつけながら、スイートコーンを投入したり、中に沈めて茹でたり、茹で上がったものを運んだりしました。
 単純な作業の中に、楽しさや嬉しさがあって、うすい黄色だったスイートコーンが、お湯に入れた瞬間に、パッと黄金色の大粒でキラキラ輝くスイートコーンに大変身するのが、見ていて楽しかったです。

 その後は、配膳の方にスイートコーンを持っていき、廊下を走るので息がハアハアしてしまったのですが、配膳の人達が笑顔で受け入れてくれて、お手伝いさせて頂けて嬉しかったです。
 第1陣で持っていったのですが、台所に戻ると、第2陣が待っていて、そのまま第2陣も運び、配膳させて頂きました。
 いつも、スイートコーンの配膳に時間が掛かってしまうそうなのですが、今日は無事に昼食時間ピッタリに配膳ができて、その中にいさせて頂けて嬉しかったです。

 食卓には、大粒のスイートコーンが並び、玉ねぎと豚肉の南蛮漬けに豪華なメニューが夏らしく、パワーが湧いてきました。
 また配膳などに入らせて頂く事があったら、みんなの役に立てるように、もっと視野を広げて生活したいと思います。

 

・土寄せツアー

 昼食後、直ぐに大豆の土寄せツアーに行きました。
 まず向かったのは、とばしさんの畑の小豆。この畑はものすごく広いのですが、まえちゃん達のお陰で土がサラサラとしていて、ザックザックと、テンポよく、どこまでも前に進みました。
 気が付いたら3人分の範囲をしてしまう位、ものすごく土寄せが楽しくて、やっぱり、みんなとの作業は楽しいなと思いました。

 小豆の畑が無事に終わり、その後は梅林手前、前原さんの畑、河原小畑のヘルプに、新桃と5枚の畑全てを、回り、土寄せができてスッキリしました。
 途中、小雨が降ってきた時は残念な気持ちもあったのですが、お天道様も味方してくれて、無事に土寄せが終わりました。
 本当にみんなのお陰で土寄せが終わって、まえちゃんやまりのちゃんのお陰だなと思い、感謝しきれない位有難かったです。

 

・時間を意識して

 土寄せの後は、まえちゃんとやよいちゃんがいいよと言ってくれて、サツマイモの補植とキュウリの葉摘みに分かれました。
 キュウリの葉摘みは申し訳ない位大変で、時間が掛かってしまうのですが、新しい子たちとスピード感を持って進められたことが嬉しかったです。
 以前、お父さんが話して下さったように、作業がどんどん早くなる人と、同じスピードの人、逆に遅くなっていってしまう人がいるのを感じて、最初は1人1畝担当だったのですが、途中で一部の人を向かい合わせにしました。

 結果的に自分達のベストを尽くせたんじゃないかと思って嬉しかったし、また雨が続く前に葉摘みが終わらせられたら良いなと思います。
 夕方の時間は、野菜切りが足りないと聞いたので、台所に向かうと、えりさちゃんとなおとさんの姿がありました。
 通常、野菜切りは6人らしく驚いたのですが、ゴーヤの絞りの作業だけだったので、とてもスムーズに進みました。

 その後、同じメンバーで食堂の桃の皮むきに向かい、久しぶりに桃の皮むきができたのも嬉しかったです。
 するっと桃の皮が剥けて、途中からはくし切り担当をさせて頂き、どの桃も美しく、同じ大きさと美しい形で着るのが楽しかったです。
 お父さん、お母さん、おじいちゃんに付ける桃をどれにするか迷いながら、時間を意識して、でも美意識高く桃を剥くのが楽しくて、どんどん早く、綺麗にできるようになりました。

 今回はいつもの2倍くらいの量の桃が届いていたので、時間との闘いだったのですが、桃の女王様『清水白桃』をみんなと頂けて、高貴な味わいと、ぎっしりと詰まった上品で奥の深い甘み。
 食感も、香りも、全てよくて、桃に癒されました。
 また、今日から盛男おじいちゃんがなのはなに来て下さって、これから週末に一緒に過ごせることが嬉しくて、おじいちゃんから畑や戦争の時のことなど、色々なお話を聞かせて頂けるのが有難いなと思います。

 マグロの竜田揚げや豪華な夕食の後は、大急ぎで洗いをし、セブンブリッジ大会。
 今日は朝から嬉しいニュースがたくさんあり、夕食の時もお父さんからなおとさんのビッグニュースを聞かせて頂き、本当におめでたいなと思います。