「予想外の天気」 えみ

8月2日

*畑の細々作業
 午前の初めの1時間は畑の細々作業があり、Cチームではミニトマトのハウスに寒冷紗を取り付けました。梅雨の時期は日照不足だったので一時取り外していたものを、今日はもう一度広げて付け直すということをしました。紗をつける前はハウスの中は蒸し風呂のように暑かったのですが、一通り天井に広げるとびっくりするぐらい涼しくなりました。ミニトマトはもうつく実はほとんどついていて収穫もだいぶ終盤になってきました。このままいい形で終われるように今日みんなで暑さ対策ができて良かったなと思います。
 その後にはゴボウ、ショウガ、三角メロンの見回りをしました。ゴボウには今アブラムシが大量に発生していて、今日はガムテープを使ってとにかく葉の裏についているのを取っていきました。手でつぶしていくよりも圧倒的に早くて、すっきりさせることができて嬉しかったです。湿害の影響もあり、根腐れの株が見回りの度に出てきているのが本当に悔しいです。もうこれ以上広がらないでほしいと思います。

 

*小豆、キャベツの定植
 午後には小豆とキャベツの定植をしました。
 まずは小豆を植える山畑の植穴準備からはじまりました。少し前にとばしさん裏畑でやったように、今回も米ぬかでつけた線に沿ってくわで溝を掘り、30センチ間隔にさらに目印をつけて植え付けていきました。午後は雲も出ていて比較的涼しかったのですが、溝を掘っているとびっくりするぐらい汗が流れてきました。地道な作業ではあったけれど、みんなで1畝に入るとあっという間に1本完成させることができて気持ちが良かったです。

 定植自体は5時からの予定だったのですが、雨が降りそうだったので30分前倒しにしてやる、とまえちゃんが呼びかけてくれました。水やりも後回しにして、キャベツと小豆の植え付けをとにかく終わらせることになりました。
 小豆の定植に丁度入ったころに雨が降ってきてしまい、みんなで絶対終わらせるぞという空気感の中でどんどん植え付けていきました。予想外の天気や状況になってしまった時、自分だったら焦ってしまうと思います。でも、まえちゃんは的確な判断をしてみんなにそれに合った指示をしてくれて、そんな姿がすごいなと感じました。
 目標だったキャベツのネット掛けまでは終わらせることができなかったけれど、雨が降ってくれたおかげで定植後の水やりをしなくて済んだのがラッキーだったなと思いました。

 

*さきちゃんの誕生日
 今日はさきちゃんの誕生日でした。さきちゃんは本当に真面目で作業などにも真剣に取り組んでいる一面もあれば、ユーモアがあって普段の食事のコメントなどでもみんなを明るくさせてくれるような一面もあって素敵だなと思います。それに、担当野菜のピーマンやパプリカ、金時太鼓、卓球など好きなものにとことん前向きに向き合っていてそんな姿が綺麗で自分もそうありたいなと感じます。作業などでたまにペアになる機会があったのですが、すごく気を添わせようとしてくれるのを感じました。いつも自分を横に置いて、だれかのために動いているさきちゃんがかっこよくて大好きです。

 読んでくださりありがとうございました。