「絶対、またなのはなのみんなで」 よしみ

8月1日

○海!海!海!
 今日はみんなと一緒に海水浴に行ってきました。前回は雨で中止になってしまった為行けなかったのですが、今日は天気にも恵まれてみんなと一緒に行けて嬉しかったです。

 昨夜までは少し海に行くことに抵抗がありました。理由は2つあります。
 1つ目は、私は小さい頃地元の海に夏になると毎日泳ぎに行っていて、そこの海は一応海水浴場として県外の人も沢山来る観光スポットだったのですが、あまり潮の流れが強くなく海水や砂浜には木くずやゴミが沢山浮いていて、決して綺麗な海とは言えませんでした。そのイメージが強かったため、海は汚いという気持ちがあり最近は泳ぎに行こうとすら思っていなかったです。
 2つ目は水着です。自分の体型がコンプレックスで学生の時から水着を着ることが本当に嫌でした。友達はみんな細く、その中で自分もいることが地獄のようで自然と海もプールも敬遠するようになりました。
 この理由があり、今日海に行くのが不安だったのですが、その2つの理由は今日で全て解消されました。今日行った海は、海水は底が見えるほど綺麗に透き通っていて、砂浜はサラサラ、ゴミなんて一切落ちていません。こんなにも綺麗な海を見たのは初めてでした。

 水着もなのはなにある水着の中からお母さんが私に合う物を選んでくださって、自分の体型が気になりつつも水着が可愛すぎて、着られたのが嬉しかったです。実は私はスクール水着以外の水着を着るのは今回が初めてでした。勇気を出して着ることができてよかったです。
 
 海に着くと、先発メンバーの人たちや須原さん、りゅうさんが駐車場の確保とテントの準備などをしてくださっていて、時間のロスがほとんどなくとてもスムーズに海で遊ぶ段階までいけて本当にありがたいなと思いました。

 

 お父さんから海で遊ぶときの注意事項を聞き、各チームに分かれていよいよ海遊びがスタートです。私は今日1日やよいちゃんチームでいろいろな遊びに参加させていただきました。更に、今日は卒業生のりかちゃんも海に来てくださり、同じチームで嬉しかったです。
 オープニングは宝探しゲームで、お父さんたちが海の中にカラーボールを全部で12個投げてくださり、そのボールを取ったチームにはポイントが加算されるというゲームでした。
 スタートの合図があった瞬間みんなは勢いよく海の中へ走っていったのですが、私は少し出遅れてしまいました。慌てて私もみんなの後を追って海に入ると、海水はほんのり冷たい程度で想像以上に入りやすかったです。しかし、私が顔まで海につかった時にはすでにボールは他のみんなが見つけていて私は1つも見つけることができませんでした。ですが、このゲームのおかげで自然とためらわずに海の中に入ることができたなと思って、実行委員さんの考えがありがたかったです。
 
 その後は昼食の時間まで自由時間ということで、みんなで自由に遊びました。私はゴーグルを付けて海に潜り、岩の付近や岩と岩の間にいる魚を捕まえるのに夢中になっていました。浅い所でもいろんな魚がいたり、綺麗な貝殻も沢山ありました。1番驚いたことは、ウニが沢山いたことです。私は怖くて触れなかったのですが、りゅうさんが沢山ウニを捕っていてすごいなと思いました。私は、まさかこんなに魚を捕まえることに夢中になれるとは思っていなかったので、心の底から楽しんでいた自分に正直びっくりです。残念ながら手で魚を捕まえるのはかなり難しく、私は捕まえることができず悔しかったです。
 他にも残り時間で貝殻や綺麗な石を探したりして、あっという間に時間が過ぎていきました。

 そして、お腹がぺこぺこになった状態でいただいたお弁当はいつにも増して美味しかったです。手作りのおにぎりや唐揚げ、卵焼きなどをチームのみんなで集まっていただくことができて嬉しかったです。

 次の遊びは砂のお城&ツタンカーメン作りゲームです。私は今回砂浜に埋まり、ツタンカーメンのモデルをさせていただくことになりました。小さい頃も、海で砂に人を埋めたりして遊んでいたのですが、実はあまり自分は埋められたことがなく、是非今日はやってみたくて立候補させていただきました。制限時間は1時間弱。自分の体の上に砂がかけられていき、あっという間に埋められました。埋められると想像以上に砂が重たく、体が動かないほどでした。しかも、ただでさえ圧迫されているため呼吸もしづらかったのに、大きく呼吸をすると心臓の動きで埋められた砂にヒビが入ってしまい、思う様に息ができません。蒸し風呂に入っているような感覚になり、それが1時間続くのは本当に大変で自分の忍耐力が試されたと思います。途中、顔がかゆくなったり足の感覚がなくなってきたりして体を動かしたくなったのですが、せっかくチームのみんなが作ってくれているのを崩す訳にはいかないので必死で耐えました。
 
 そして1時間が経ち、お父さんの審査結果は500点満点中400点でした。自分は埋まっていたので、どんな作品になったのか分からなかったのですが、高得点をいただけて嬉しかったです。終わった後に砂から出た瞬間、体が自由になり開放感に満ち溢れました。大変だったけれど頑張ってよかったなと思います。
 砂のお城は今回作ることはできませんでしたが、お母さんが海水を混ぜてとろとろになった砂でお城を作っていくやり方を見せてくださったり、各チームが作ったお城も見させていただけて、かなりレベルの高いお城ばかりですごかったです。次回は私も作る側に挑戦したいと思います。

 

 その次の遊びは、夏と言えばコレ! のスイカ割りゲームでした。
 スイカ担当のゆいちゃんやひなのちゃん、あけみちゃんが今年も立派なスイカを育ててくださり、すごく大きくて立派なスイカが沢山ですごいなと思いました。
 なのはなのスイカ割りはマクワウリとスイカの2種類を割ります。マクワウリの方が小さくて割るのは難しいのかなと思っていたのですが、みんなすごく上手に割っていてびっくりしました。私の番が来て、私はスイカを割ることになり、目隠しをした状態で3回回りました。すると、一気に方向感覚が分からなくなって真っ直ぐ歩くのが難しかったです。方向を教えてくれるみんなの声を頼りに進み、しゃがんでいざ竹の棒を振り上げ、スイカがあるであろう場所に目がけて振り下ろしたのですが、残念ながらスイカには当たらず割ることができず悔しかったです。他のみんなも、スイカには当たっているのにスイカが頑丈でなかなか割れていませんでした。その中でも、なつみちゃんは見事にスイカを真っ二つに割っていて本当にかっこよかったです。最後にお父さんとお母さんの対決を見させていただき、お父さんもお母さんも綺麗にスイカを割っていらっしゃってすごいなと思いました。みんなが割ったマクワウリやスイカは甘くてみずみずしくて、割り立てのスイカを沢山いただけて嬉しかったです。私も次はスイカを割りたいなと思います。

 フィナーレも宝探しゲームをし、楽しかった海水浴はあっという間に終わってしまいました。
 今日1日、最初から最後までずっとずっと楽しくて、こんなに海が楽しいと思ったのはいつぶりだろうと思うほど本当に楽しくて幸せな1日でした。
 海だけではなく、行き帰りの道中もみんなでしりとりをしたり景色を眺めたりしていて、その時間もすごく楽しかったです。
 絶対絶対、またなのはなのみんなで海に行きたいです。お父さん、お母さん、海に連れて行ってくださってありがとうございました。