「大事に育てたい」 しなこ

7月27日

 午後からお父さんがヒラメの解体ショーをしてくださいました。
 お父さんの手さばきがなめらかで、綺麗で、見させてもらえて嬉しかったです。
 ヒラメは5枚おろしにするということで、身は4つの柵にされていました。
 お父さんは、はちまきとはっぴを身につけていて、魚屋さんのようにも見えました。
 お父さんがさばくと、身と骨が綺麗に分かれていて、骨の部分に身が残っていなくて、綺麗で、本当にすごいなと思いました。

 おろしてからは、皮を剥ぐのですが、包丁を身と皮の間に入れて、上下に包丁を動かしながら剥いでいました。なめらかに動いていて、皮がなくなった柵は、売られているような綺麗な柵で、柵も大きくて、美しかったです。
 難しいと思うのですが、簡単そうにやっているお父さんが本当にすごいなと思って、かっこよかったです。
 自分もやってみたいなと思いました。
 今日は昆布締めにするところも見ることができて、昆布締めのやり方も知ることができて嬉しかったです。
 昆布を湿らせて、身には塩を振って、昆布と身をサンドイッチにしていきました。それを1晩寝かせるだけで、味がしっかりとつくのだなと思って、自分も昆布締めを試してみたいと思います。
 解体ショーが楽しかったです。

 今日はマクワウリの防除をしました。
 病気で元気をなくしていたマクワウリ。自分の手を打つのが遅れてしまったせいで、広がってしまって、お父さんの大好きなマクワウリを残念な姿にしてしまったことが、本当に申し訳なかったです。
 そのときは、もうどうしたらいいかわからない状態で、お父さんに助けを求めました。お父さんも畑を見てくださって、対策も立てられて、よかったです。
 そのときの自分の気持ちとしては、自分のせいだと責めていたり、何もできない自分に落ち込んでいて、マクワウリの畑を通るたびに涙ぐんでいたのですが、お父さんが「大丈夫でしょう」と言ってくださって、希望が見えた感じがしました。自分の気持ちも少し落ちつきました。
 防除をしたからといって、すぐに元気になるわけではないと思うのですが、大事に育てたいと思います。
 三角メロンは生育が遅れていて、まだ収穫できないのですが、今実が7、8センチくらいになっているのもあります。
 三角メロンも、大事に育てたいと思うし、もしものことがあったら、早めに手を打ちたいと思っています。

 ありがとうございました。