「4連休」 よしえ

7月26日

 楽しみにしていた4連休が、あっという間に過ぎてしまいました。
 天気は不安定な日が多かったのですが、みんなと過ごせた時間が、充実していて楽しかったし、リフレッシュできた4日間でした。
 特に昨日は、コロッケディナーと、久しぶりのお父さん、お母さんのライブの時間が、何だか夏休みみたいで、嬉しかったです。

 まよちゃん、みかちゃん、さやねちゃん、あけみちゃんが中心となって作ってくれたプレゼント『世界にたったひとつの、お父さんお母さん専用の楽譜』を使って、ライブがしたい…。
 私たちは、ジャガイモ掘りに参加できなかったので、みんなが掘ってくれたジャガイモでコロッケが作りたい…。
 チャンスはこの4連休…!!
 そう思っていたところ、なおちゃんとまえちゃんが声をかけてくれました。
 仕事組の何人かにも話したら、みんなの想いも同じで、急ではあったのですが、「コロフェス」が実現しました。
 
 まえちゃんとなおちゃんが、ライブの内容を考えてくれたり、まゆこちゃんが飾りを考えてくれたり、なるちゃんや手が空いている仕事組が、下準備を手伝ってくれたり、みんなが同じ気持ちでいてくれること、それに向かって楽しそうに動いてくれること。その気持ちを感じて、とても嬉しかったです。
 みんなのアイディアが、面白くて優しくて、改めて凄いと感じたし、自分もそんな風に考えられるように、頭を柔らかくしたいし、みんなから吸収したいと思いました。

 飾り付け、進行は、当日午後に進めました。
 この短時間で、本当に会を進行して、みんなを楽しませることができるのだろうか…一抹の不安はありましたが、まえちゃんとまゆこちゃんがいてくれるから、何も恐くありませんでした。
 台所では、料理チームのみんなが、コロッケ、ポテサラ、スープなど作ってくれていました。
 コロッケがハート型になっていたり、なのはなの野菜を使ったスープ、ポテサラもいつもとは違た具材で、自分たちも気持ちが上がったし、お父さんお母さん、みんなを喜ばせたいという気持ちがみんなから溢れていて、その空気が嬉しかったです。
 メインや副菜、スープを、午後だけで作ることに、少し不安があったのですが、強力メンバーが揃っているので、安心でした。
 副菜の、マリネは、午前中に河上さんが作ってくださっていました。
 本当にありがたかったです。
 みかちゃん、まことちゃん、途中でちさちゃんも手伝いに来てくれて、ハート型に形作ったコロッケを、りゅうさんが揚げてくださいました。
 みんなが喜んでくれる笑顔が浮かびました。

 そしてそして、仕事で参加できなかったなおちゃんが、「ソースだけでも作りたい!!」と、2種類のソースを作ってくれていました。
 揚げたて、ホクホクのハートのコロッケが、2種のソースによって、益々美しく、美味しくなりました。
 なおちゃんも一緒に食事をしているようで嬉しかったです。
 仕事で忙しくても、なおちゃんは、いつもなのはなのみんなのことを考えてくれています。 
 お父さんお母さん、みんなに喜んでもらえるようにと、いつも心と頭を使って、なのはなのために動いてくれています。
 なおちゃんは、仕事でなのはなのイベントに参加できないこともあります。
 そんな時、「なおちゃんとも一緒に過ごせたら…」と、いつも少し寂しい気持ちになるのですが、でも私は、どんな時でも、なおちゃんを感じているのです。
 お父さんお母さん、なのはなのみんなが嬉しかったら、きっとなおちゃんも喜んでくれていると…。
 お父さんお母さん、みんなの笑顔の中に、なおちゃんの笑顔が見えるのです。

 短い時間の中で、まえちゃんがどんどん司会進行を考えてくれました。
 全然緊迫した空気もなく、ただただ楽しかったです。
 
 体育館で頂いたコロッケディナー。
 みんなが美味しいと言って喜んでくれました。
 りゅうさんが揚げてくださったコロッケが、本当にサクサクで美味しかったです。
 初収穫のスイカも甘くて、コロッケディナーに花を添えてくれて、みんなで頂けて嬉しかったです。
 
 お父さんお母さんのライブでは、仕事組でプレゼントした楽譜も初披露で、たくさん歌を聴かせて頂けて嬉しかったです。
 お父さんが全力で歌う姿、お母さんがお父さんに寄り添って、笑顔で歌う姿、そんな姿にあたたかい気持ちになりました。
 
 お父さんお母さんの質問では、お父さんお母さんの想う、遊びや、子育てに関する事も聴かせて頂き、とても嬉しかったです。
 みんなが掘ってくれたジャガイモでのコロッケと、お父さんお母さんのライブ。
 のぞみちゃんとゆりちゃんも一緒にライブを聴けたのも、嬉しかったです。

 今回時間があまりない中で企画した『コロフェス』ですが、「みんなと一緒にコロッケを頂きたい!」「みんなの喜ぶ顔が見たい!」
 そう思うと、とても楽しく準備ができました。
 お父さん、お母さんがお話ししてくださるように、人は、誰かのためでなければ生きていけないと、実感した日でした。
 誰かのためなら、誰かが喜んでくれるなら、誰かが笑顔になってくれるなら頑張れる。改めてそう思いました。
 そして、同じ気持ちでいてくれる仲間がいるから、何でもできると思いました。
 
 この夏、みんなとやりたいことがたくさんあります。
 あゆちゃん、まえちゃん、なおちゃんのように、誰かを楽しませる側として動ける人になりたいです。
 少しでも吸収したいです。
 みんなのために、なのはなのために、微力ですが、少しでも力になれるように、みんなの中で動きます。

 あっという間に4連休が終わってしまうのは少し寂しいですが、みんなと過ごした時間で、エネルギーチャージができ、またこの1週間頑張ります。
 
 お母さんが、「休みの日は、りゅうさんや仕事組のみんなに、たくさん助けてもらっていてありがたい」とお話ししてくださいました。
 でも、私は逆に、仕事から帰ってきたら、食事やお風呂が用意されている環境がありがたいし、何より、大好きなお父さんお母さん、みんなと一緒に過ごせる時間があることが楽しくて幸せで、本当に感謝しています。

 長くなってしまいましたが、読んでくださってありがとうございます。