「希望が常に近くに」 ゆきな

7月23日

 *れいこちゃん

 れいこちゃんのお誕生日でした。
 れいこちゃんがリーダーの畑Cチームでたくさんお世話になりました。常に明るい空気を作って、ハキハキと話して、甘えがない。遊びごころを持ちながら、野菜に寄り添って野菜を見ている姿、いろんなところでれいこちゃんの魅力を感じました。

 れいこちゃんはそのときは畑の計画立てもあったけど、編集もあったり、忙しかったと思います。それでも声を掛けたときに、華がある笑顔でぱっとこちらを向いてくれて、れいこちゃん自身から向けられる空気(気持ち・オーラ)も自分に向いているのを毎回感じました。そうやってすぐに気持ちを切り替えて演じられることに、自分もそうありたいと思ったことを覚えています。

 畑のリーダーをしないか、とお父さんから話してくださったとき、れいこちゃんがいたから「やりたい」と思った部分があります。れいこちゃんのように演じたい、美しいイメージを持って野菜を作りたい、生き生きと気持ちを前に出してみんなを楽しますことができるプレーヤーになりたい。私は、できていない部分はあるのですが、希望が常に近くにあるように思います。

 れいこちゃんは18歳です。私よりもうんと若いです。でも、希望があって、勇気があって、潔くて、格好いいです。一生懸命で、真面目だけれども、大変さや忙しさなんて感じなくて、華があります。
 れいこちゃんが『シャンデリア』を躍るとき、れいこちゃんではなくてそこにはアカリが見えます。ウィンターコンサートで見たアカリの存在を思い出して、心が正されます。

 一緒に生活できて嬉しいです。これからもよろしくお願いします。