「ある小説の物語」 ななほ

7月22日 水曜日

(朝)

 少し前の話になってしまうのですが、お父さんがある小説の物語を話して下さいました。
 若い女の子が生きにくさを抱えて、この世から消えてしまいそうになった時、夢なのか、現実なのか、一面に広がる草原の中に眠っていて、近くには河が流れていました。
その河の向こうから、おじさんが舟に乗ってその女の子の事を迎えに来た時、女の子の未来ごみを取りました。

未来ごみを取らないと、その女の子が存在しているという設定で、これからの未来が進んでしまう為、あの世に行く事はできなくて、女の子も河の向こう側に行ったら、一生、現実の世界には戻れません。
女の子は、すごく苦しくて、自分が生きている価値が分からなくて、将来、未来に希望も夢も無かったのですが、その未来ごみに映された、未来の自分、未来の出来事、職業や友人、夫に子供を見て、舟に乗ってしまったけれど、「やっぱり、私、帰る」と言いました。

 でも1度、船に乗ってしまった以上、引き返すことはできません。
「じゃあ、私川を泳いで帰る」と女の子は言いました。
 でも、その河は、少しでも水に触れると身体が石になってしまう、三途の川で、その女の子は意地でも草原に戻ろうとしました。
「そんなに帰りたいんだったら、」とおじさんは、まだ2mほどしか陸地から離れていない舟に、自分が漕いでいたオールをかけて、橋をかけました。

 女の子がそのオールの橋を渡った時、最後に足を滑らせて、河に落ちてしまいました。
 でも、川に落ちてしまったのに、なぜか草原に戻ることができていて、足元を見たら靴を履いていたのです。
 どうして靴を履いているのか分からなかった女の子は、おじさんの言葉を聞いて驚きました。
「お前さんを待っている人がいるんだ。学校の友達も、先生も、家族も、みんなお前さんに帰って来てほしいと願っているんだよ」

 お父さんがその小説を話してくれる、話し方もうまく、なぜか涙が出ました。
 その女の子は、なのはなに来る前の私だったかもしれないし、きっとなのはなに出会わなかったら同じ運命になっていたと思います。
 私はそこで、現実に帰ろうとしたのだろうか?
 自分に問うてみると、私はどうしても未来を信じられなくて、誰も味方がいなくて、これから先良いことが起きるとしても、生きているのが苦しいといったかもしれません。
 なのはなに来て、私は未来ごみを捨てずに済みました。なのはなに来て、これから先が真っ暗だった人生が、180度変わりました。
 まだ未熟すぎて、自己否定をしてしまう時もあるけれど、この小説で1番伝えたかったもの、未来をダメとか、自分が何もできていない、何もできないと決めつけるのではなく、常に希望を持って、前を向いて生きる事。

 お母さんがいつも言っているように、本当に後ろを見ても何の答えもなくて、答えを探しても無意味で、前向きな所にしか答えはないのだと思いました。
 お父さん、お母さんの考え方、なのはなの気持ち、利他心で生きたら何も怖い物はありません。
 最近は、年齢的な問題なのか、未だに悲しさや苦しさが出てきたり、気持ちの上下が激しいけれど、なのはなにいる限り大丈夫と信じて、気持ちを明るいほうに持っていき、常に笑顔で居ることを忘れないようにします。

(夜)

 今日は編集の日なので、日記があまり書けないのですが、嬉しかった事があります。
 午前は桃のブルーシート敷きをさせて頂いて、7枚の畑のブルーシート゚敷きを時間内に終わらせることができて、とても達成感を感じました。
 また、ゴーヤが今季最高の22キロ収穫できて、緑は40本以上、白も7本収穫ができて、1人だったので時間が押してしまったのですが、本当に大収穫が嬉しかったです。

 午後にはナスとゴーヤとミニトマトの追肥ツアーをさせて頂き、ゆりかちゃんリーダーで少人数だったのですが、1時間ほどで追肥ができました。
 ゴーヤに牛肥を与えられて安心したし、みんなに緑のトンネルも見て貰えて、嬉しさを共有できた時間が嬉しかったです。
 本当にゴーヤのトンネルの中にいると、涼しいだけじゃなくて、ミツバチさんが受粉をしていたり、カエルさんが飛び跳ねていたり、何度もクモの巣に引っかかるけれど、ゴーヤの瑞々しい葉っぱが笑いかけてくれて、あ、幸せだなと感じます。

 朝には太陽の光でキラキラ輝いていて、その中でゴーヤも、私たちも成長できるのが嬉しいなと思います。
 機会があったら、あゆみちゃんやのぞみちゃんにも来てもらいたいなと思うし、お父さんとお母さんにもゴーヤの世界を案内したいです!

 今、桃は一番忙しい時期だと思うけれど、本当にあんなちゃんがすごいなと思うし、桃もブルーシートで守ったので、少しは安心して雨を迎えられるなと思います。
 夕食に、スイートコーンや桃などを頂けて本当に贅沢で嬉しいなと思ったし、トビウオの塩焼きも本当に美味しかったです。
 少し途中なのですが、お休みなさい。いつもありがとうございます。