7月16日(木)「ジャガイモ掘りDAY! ――初日は2枚の畑でジャガイモ掘りをしましたーー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月16日のなのはな

●ジャガイモ掘りをしました!●
P7160007
今日は貴重な雨間の、ジャガイモ堀りDAYでした。
雨の間しばらく畑で待っていたジャガイモたちをついに収穫できるということで、
みんなはやる気に満ちていました。  P7160011 ジャガイモの畑は合計8枚あって、
今日は旧幼稚園西畑と河原開墾畑からスタートしました。
この2枚の畑は、以前竹やぶで、みんなで開墾した畑です。

長年の間、竹で茂っていたため、
畑には栄養がたくさん溜まっていることを教えてもらい、
今回、掘り起こした「男爵」と「メークイン」は大きく立派に育っていました。

P7160005

この作業に入らせてもらうたびに思うのですが、
芋掘りは宝探しみたいで、とても楽しいです。
傷芋を出さないように、気をつけながら土を掘り起こし、
ジャガイモを探すのに夢中になります。
ジャガイモの穴場を発見し、
次から次へと大ぶりなジャガイモを土から掘り出すことが嬉しいです。
私はななほちゃんとペアになって掘り起こしていた時、自分の顔より大きい
ジャガイモを発見して、驚きました。

DSCN8298
 
P7160013
 
今日掘り起こした土は本当にふかふかで、作業がとても気持ちよかったです。
特に河原開墾畑の土は最高に柔らかかく、あっという間に掘り起こすことができました。
永禮さんもきてくださっていて、みんなで楽しく、
効率よく進めることができて嬉しかったです。
掘り起こしたジャガイモをコンテナに入れて、
永禮さんのダンプに積み込み、古吉野に運び帰りました。
DSCN8301  
収穫したジャガイモは貯蔵する前に体育館一面を使って干します。
みんなといただけるのも楽しみです。
明日もジャガイモ堀りDAYが続くので、みんなと頑張りたいです。

(えりさ)

   

 ***
 
DSCN8292
 パプリカといえば、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。
赤や黄色など、食卓を彩るカラフルな野菜。
なのはなで育てるパプリカは、赤と黄色の他に、
紫や黒といった珍しいパプリカもあります。
パプリカは、8色のあると言われており、
野菜ではあまりないような色にとても魅力を感じます。
 DSCN8287
 
今、真っ先に色づいたのは赤でも黄色でもなく、紫と黒です。
最初に目にしたときは、驚いて目を疑ってしまいました。
パプリカとは思えないような、エキゾチックな色をしています。
そして今日ついに、パプリカの初収穫をしました。
DSCN8282
〈紫色のパプリカ〉  
今回穫ったのは、黒。
片手でつかむのがやっとの大きさで、
重さは150gを超えるおおぶりなパプリカでした。
黒く輝くパプリカは、オブジェのように堂々としており、
野菜というか芸術作品のようにも見えます。
これを調理するとどうなるのか、全く想像がつきませんが、
穫ったそばからいい匂いがしていたので、美味しいに違いありません。
まだ模索中なので、本格的ではありませんが、
これから目を慣らしていきたいと思っています。  

DSCN8281
〈細長い品種のパプリカ〉


もとは10年ほど前、お父さんが買ってきて下さった種を、
発見し育ててみようということから始まりました。
考えて見ると、そんなに前の種なのに、
はたして芽はでるのだろうか、実はなるのだろうか。
そんな心配をよそに、パプリカはどんどん実をつけ、
大きく生長していきました。

現在色づいているのは紫と黒のみですが、
他の株はどんな色になるのかまだ誰も分かりません。
私たちはどきどきしながら、毎日見回りをしています。

(さき)