「繊細に、でも力強く、勇敢に」 ななほ

7月14日 火曜日

 梅雨の期間、今まで読めなかった分の小説や本を読む事ができてとても嬉しいです。
サマータイムが始まってから、朝も夜の時間が無くて、(本なんて読んでる場合じゃない!)と頭の中で思ってしまっていたのですが、最近は集合前の時間も、畑ではなく本。夜の時間も、畑の事を考えたり、洗いをしたり、日記を書いた後は、本を読んでいます。

 まだ今年に入って25冊程度しか本を読めていないので、今の時期に読みたい本を読んでしまいたいような、でも私はあとがきまでしっかり読まないと気が済まない人なので、読みたい本を最後まで取って置きたいような、今読んでいる本も、まだ読み切りたくないような感覚になります。

 宮本輝さんの「愉楽の園」、「真夏の犬」は同時進行で読み進めていたのですが、ほぼ同時に読み終わってしまったので寂しかったです。
 でも、「愉楽の園」は、本当に面白く、ワクワクして、ついつい、宮本輝さんの本を読んでいるけいたろうさんと話が止まらなくなってしまう程でした。
 昨日で村山由佳さんの、「猫がいなくちゃ息ができない」が読み終わり、今は「晴れときどき猫背、そしてもみじへ」を3分の1ほど読んでいるのですが、動物好きの私にはたまらなく、面白くて、共感できて、生き物の死についての考え方を基に、
 私まで生きる事の間違った怖さ、死ぬことへの間違った怖さがなくなっていくように感じました。

 お父さんが何10冊も新しい本を下さって、(読みたい!)と思う本がいくつもあるのが嬉しいです。
 しおりも、昨日から配り始めさせてもらい、まだ3分の2の人にしか配れていないので、少しでも早く晴れて、クローバーを見つけて、数日、本で押したらしおりを作れたらなと思います。

・桃と桃花

 午前は桃のブルーシートはぐりの作業をさせて頂きました。
 昨日の雨でブルーシートには、ものすごい量の水が溜まっていたのですが、まちちゃんやけいたろうさん、えりさちゃんに今日はまみちゃんとりなちゃんも居てくれて、みんなで協力して作業ができて嬉しかったです。

 きっと、ブルーシートは100枚程あるんじゃないかともうのですが、上下合羽を着て、濡れる覚悟で力を出し切りました。
 桃の樹に水がこぼれないように、繊細に、でも力強く、勇敢に。桃の為と思うと気合が入りました。
 桃は収穫が始まっているものもあり、段々と実が大きくなっているのを感じます。

 ブルーシートをはぐることで、シートの下の地面や根っこが解放されてスッキリしたらよいなと思います。
 それに、身体はヘトヘトになったけれど、そのぶんの達成感と充実感がいっぱいあって、こんなにやり切った感を感じる作業が嬉しいです。

 

 午後は桃花作りをさせて頂き、丸めと組み立ての作業をさせて頂きました。
組み立てとなると緊張して、ついつい夢中になってしまうのですが、やればやるほど上達して、中心部分に小さな丸ができると嬉しいです。
 隣にいたのえちゃんはとても綺麗で本当に凄いなと思ったし、今日はのぞみちゃんとゆりちゃんも来てくれて、一緒に桃花を折ってくれました。
 途中、ゆりちゃんの子守をしていたのですが、お腹が空いて最後の方は大泣きしてしまい、のぞみちゃんとバトンタッチ。

 少ししたらご機嫌そうなゆりちゃんの姿が見えて嬉しかったし、本当にゆりちゃんが可愛くて、優しい気持ちになります。
 のぞみちゃんがこうして帰って来てくれるのがとても嬉しいし、明日はあゆみちゃんとひでゆきさんに、たけひろくんも来てくれるそうで、これからあゆみちゃんとたけちゃんがなのはなに来てくれるのが嬉しくて、楽しみだなと思います。

 

・のえちゃんのお誕生日

 のえちゃん、お誕生日おめでとうございます。来た時から、優しくて、柔らかい雰囲気で、でもユーモアがあり、元気で、のえちゃんの粘り強さや、良い意味で大胆さ、力強さが綺麗だなと思います。
 廊下ですれ違った時や、作業の時、ふとした時にのえちゃんが見せてくれる笑顔が優しくて、可愛くて、のえちゃんの笑顔が綺麗だなと思います、

 のえちゃんと話をしたり、お散歩をしていた時、のえちゃんが私の目を見てしっかり話してくれます。
 色々な事があったけれど、のえちゃんがなのはなを好きでいて、みんなの事を好きで、
ちゃんと生きたい、良くなりたいという気持ちがあったから、今ののえちゃんが居て、今のなのはなファミリーがあるんだなと思います。

 手先が器用で、繊細で、ちゃんと意志を持って動いているのえちゃんが綺麗だなと思います。
 のえちゃんと家族になれて、これからも一緒に生活できることが嬉しいです。
 のえちゃんの事が大好きです!