7月12日(日)「畑をフィールドに ――雨前のワンチャンスを活かして、小豆の追肥と土寄せーー」

7月12日のなのはな

DSCN8230 

梅雨の雨が連日、降り続きますが、この日は朝から太陽が出ていました。 
身体と気持ちが、みんなと畑に出ることを求めていたように、
クワを持って小豆の畑へ向かう足取りが速くなっていきました。

小豆の追肥と土寄せをするのは、畝が長く、広々とした畑です。
畑は、私たちのフィールドになりました。まずは牛肥の追肥から始まります。
牛肥が積まれたエルフに乗ってテミに牛肥を入れるチーム、
バケツリレーでテミを繋ぐチーム、そして小豆に沿って牛肥を筋状に撒くチーム。
長い畝間をバケツリレーで繋ぎ、みんなで一種のスポーツをしているように感じました。
それぞれの役割に向かいながら、みんなで1つになって作業できる一体感も感じました。

P7120131

DSCN8239

午後からは 土寄せをしました。
山小屋の小豆やササゲの追肥、土寄せに向かうチームもあり、
畑は違っても、みんなで同じ気持ちで作業に向かいます。

小豆は植え付けした時よりも、ぐっと成長していました。
本葉が増え、主枝が上へ上へ成長し、
雨前に土寄せをしてほしい、そう聞こえてくるようでした。
長い畝も、みんなで1列で入り、着実に土寄せを進めていきます。
隣の人と行きあったり、土寄せしずらい場所があっても、ヘルプをし合い、
みんなで進めていけることが嬉しかったです。

DSCN8236

すべての畝の土寄せを終えて、畑の景色もまた変わり、次の段階へと入っていきます。
大人数の力やスピードを感じながら、みんなで畑を動かしていけることが嬉しいです。
まえちゃんが、「雨前に早急だった畑を終えられました!」と話してくれました。
山小屋チームも、小豆やササゲの追肥、土寄せが終わったと聞いて、
みんなで雨前のチャンスを活かして、畑をフィールドに力を出し合って作業できた1日が嬉しかったです。

(のりよ)

***

P7120184
〈桃の木にも、太陽が差し込みます。 桃の収穫や、明日からの雨予報に備えて、 夕方にはブルーシート敷きも行ないました!〉
P7120190
〈池上桃畑の周辺では、桃の他にも、 黄色い果肉のスイカやスモモ、ブドウも育てています。 スイカは大きいものでは直径30センチ以上になり、収穫まであと少しです!〉

P7120189

***
 
 
P7120202
〈蕎麦の雀よけ対策に鷹の形をした凧が完成し、 保育園前畑に設置をしました。 羽の両端までは約180センチあり、雀を追い払う効果を狙います〉