「ユーモアのある厳しさを」 ななほ

7月9日

 以前からお父さんに相談していたことの答えを自分で探してみました。
 私は極端な部分が多いのは確かなのですが、厳しさも私は優しすぎて、時に厳しくて、意味不明だと思っていました。
 でも、昨日の納豆水防除や集まりをして、どうして自分があんなに嬉しくなったのかを考えた時、ユーモアのある厳しさがあれば、誰も傷つかないし、みんなで笑って、良い方になると思いました。

 私は意外と恥ずかしがり屋かもしれないけれど、リーダーという立場に置かれた時は、リーダーを演じる事ができると思います。
 最近もちょっとずつ、ユーモアと厳しさの練習をしていて、畑の集まりではみんなが笑って、笑顔で終わった後も明るい声でチームの人が話しかけてくれます。
 私はおっちょこちょいなので、チームのみんなに助けられて大きな心で受け入れてもらっていることも多いのですが、
 多分、ユーモアのある優しい厳しさも持てるし、もちろん、明るさや嬉しさ、喜びもいっぱい感じられます。そして、それを広げることもできるはずです。

 だから、有頂天になる訳ではないけれど、常に自信と勇気を持って、誰に何を言われてもいいし、怒られてもいいという覚悟で、
 なのはな的な正しいと思う事、正義何て目に見えないものではなく、ちゃんと自分の中にある正義感で、真っすぐ生きていきます。

・草取りと溝切り

 今朝はまえちゃんやゆりかちゃん、まりのちゃんと何人かの人で新しい畑の小豆の草取りをしました。
 空が曇っていて、ジメジメと暑かったのですが、グリーンカーペットとなった畑の草を夢中になって取りました。
 草は雨の後ということもあり、比較的抜きやすく、1時間であの大きな畑1枚の草取りが全て終わりました。

 時間と場所と人が違えば答えが変わるという通り、左右の人が新しい子だったので、次の畝に入る前にヘルプに入ったり、3人分の範囲の草取りをしたり、誰も言葉を発しないけれど、みんなで協力して、助け合いながらの作業が嬉しかったです。
 私は普段、洋服があまり汚れないのですが、長靴がドロドロになってしまったこともあり、しゃがんだ格好で草取りをしていると、いつの間にかズボンが少し汚れていました。

 また朝露で手がビショビショになってしまったのですが、最後は水路で長靴を洗い、
ピカピカの長靴で古吉野まで歩き、坂を上り、無事に到着できて嬉しかったです。
 その後はまえちゃんチームとまりのちゃんチームに分かれて、ジャガイモの畑の溝切りに向かいました。

 1チーム4、5人と少人数だったのですが、私はまえちゃんチームで崖崩れハウス前畑の、ジャガイモの溝切りをしました。
 この畑は普段から少しぬかるんでいたり、雑草が生えていたので溝を切るのが大変だったのですが、何十畝もの溝切りを1人1畝担当で追い越し方式で進めました。

 久しぶりの溝切りだったので不安だったのですが、程よい傾斜をつけられて良かったし、少人数でもこんなに作業が進むと思うと嬉しくなりました。
 最後、溝切りが終わった時に、黄色いとんぼが私めがけて飛んできて、黄色と黒のこんなに原色のとんぼは見た事が無かったので、不思議な気持ちになりました。
 そのとんぼを見て思い出したのですが、昨日、納豆水防除で畑を回っていた時、小さなカエルが至る所にいたのですが、同じ形で、同じ色のカエルなのに、全く性格が違く、面白かったです。

 納豆水がかかって逃げるカエルもいれば、私が来るだけでどこかに行ってしまうカエル。
 気持ち良さそうに納豆水を浴びるカエルに、納豆水をかけると大きく口を開けて、納豆水をできるだけ食べようとしている様なカエルもいて、人間ではないけれど、やっぱり生きているんだなと思いました。

 カエルにどこまでの性格があるのかは分からないけれど、同じ種のカエルでもやっぱり考えている事や感じていることが違うんだなと思い、とても面白かったです。
 草取りと溝切りは朝食の5分前に終わり、雨も持ってくれて畑作業が進められて嬉しかったです。

・ゴーヤのプロに

 朝食で初収穫のスイートコーンを頂きました。今年から新しく育てた『大物』という品種のスイートコーンを頂くのは初めてだったのですが、食堂に入った瞬間に、見た事もないくらい濃い黄色のスイートコーンがどでんとプレートにいて、その黄金色や堂々とした様子が『大物』だと思いました。
 スイートコーンは1つも虫食いが無く、色が鮮やかで、大粒なぷっくりとした粒はとても甘かったです。
 朝食のプレートには、スイートコーンの他に、キャベツの炒め物や副菜。大玉トマトに若桃のぬか漬け。
 イノシシとレバー焼きなども添えられて、メインがタマゴだったのにもかかわらず、タマゴよりもスイートコーンがひときわ輝いていて、豪華で贅沢で、色とりどりの朝食プレートが嬉しかったです。

 午前と午後、私は主にゴーヤの手入れに入らせて頂きました。
 もう今日しかないと思い、ひたすらゴーヤの誘引を進めたのですが、無事に今日で誘引4巡目が終わり、雨後からは細かい誘引はストップし、地面についたものだけ誘引するという形にしていきたいと思っています。

 また、よしみちゃんとのえちゃんとゴーヤの収穫をし、何とけさも5本のゴーヤを収穫できて、毎日5本ずつ収穫できているのが嬉しいなと思いました。
 早く食卓に出たら良いなと思うし、曲がり実もあるのですが、大きくなるべき子が大きく真っすぐに伸びていて、綺麗なゴーヤが嬉しいです。
 よしみちゃんとのえちゃんが畝間の草取りをしてくれたり、誘引の他に黄色くなった下葉摘みや摘芯などもできて良かったです。

 以前行った防除が効いているのか、お父さんから頂いたコーヒー粕が聞いているのか分からないのですが、オクラは少し被害が出ているのに、ゴーヤにはメイガの被害が全く無くなり、本当に嬉しくて、すごいなと思います。
 夕方、少しだけだったのですがオクラの草取りもヤケクソになりながら、猛スピードで3畝と畝間の草取りができて、そのエネルギーを出す感覚が気持ち良かったです。

 午後はチームで合体協力し、やよいちゃんと4、5人の人達がキュウリとカボチャの追肥をしてくれて、1枚30分ほどで進んだお話が嬉しかったし、
 粉雪姫カボチャは須原さんも手伝って下さったと聞いて温かい気持ちになりました。
 サツマイモの草取りも少し進んだと聞けて安心したし、納豆水防除もお父さんには申し訳なかったのですが、お父さんが教えて下さった、納豆砂糖水の原液での防除をし、6人の人達が10枚以上の畑を回って納豆水防除をしてくれて有難かったです。

 夜はソフトバレーがあったのですが、私は毎回、その時のコンデションや状況に左右されるのか、今日はものすごく上手になっていました。
 サーブも入り、1試合でサーブを8回決めることができて、チームに貢献出来たり、6種類のサーブを打てるようになりました。
 また、コート内でも以前の申し訳なさや怖さ、変に相手に気を使ってしまう感じが無くなって、ものすごく楽しかったです。
 これがあるべき姿、あるべき動き方なんだろうなと思ったし、お父さんたちと戦った時も、いつもなら2対15で負けるのに、今回は相手にお父さんとベテランメンバーさんでも、13対15で、結果的に負けたけれど、とても盛り上がり、土曜日のソフトバレーが楽しみになりました。

 今日も1日ありがとうございます。編集もスムーズに進み、どんどん色々な事が上手く進んで、上達している感じがして、ソフトバレーも含め、気持ちとかその時の状態に左右されないように、もっと自分を強くして向かっていきたいと思います!