「同じ志を持った仲間」 しなこ

7月4日

 2018年のウィンターコンサートのDVD鑑賞をさせてもらいました。
 感動して、おもしろくて見させてもらえて嬉しかったです。
 オープニングが始まった瞬間に鳥肌が立ちました。オープニングだけれど、この1曲を聴く、見ただけで満足してしまうくらいの迫力とパフォーマンスで、すごいなと思いました。
 
 劇も見ているうちに、次はどうなっていくのだろう? とワクワクして楽しかったです。
 サーカスが舞台となっていて、登場人物も独特でおもしろかったです。
 一輪車が出てきたり、フラフープが出てきたり、側転していたりして、サーカスだったし、衣装もサーカス団のようで、おもしろかったです。

 劇の中で演奏される曲やダンスも、見ていると涙が出てきて、なのはなの演奏が好きだなと思いました。
 いつもあゆちゃんの歌声は聞かせてもらっているけれど、このコンサートのあゆちゃんの歌声も心に響きました。あゆちゃんたちの歌とバンドの演奏とみんなのダンスが合わさると、最高のステージだなと感じます。

 なおちゃんが演じる団長となおとさん演じる執事のジーブスのコンビもおもしろかったなと思います。なおちゃんの演技が本当にすごいなと思って、状況がよくわかるし、細かい演技もおもしろくて、さすがだなと思いました。
 舞台背景も、毎回すごいなと思って、自動車工場のシルエットも映し出されていて、おもしろいなと思いました。

 やよいちゃんが演じるみちこさんや、アンデスの人たち。自分が自分が、ではなくて、誰かのためにという思いがありました。そうあるべきだなと思いました。
 ITが進んで、便利になっているけれど、そのことがきっかけで人間味が失われてしまうこともあります。人間なのだから人間味を失ってはいけないと思ったし、利他の心が人間には必要だと思いました。
 志を持ち続けていれば、同じ志を持った仲間に出会えて、前へ進むことができるんだということも、このコンサートを見て感じました。

 このコンサートでは、金時太鼓の方たちともコラボされていて、演奏に迫力が増して、すごいなと思いました。太鼓を演奏している方たちの表情も素敵だったなと思いました。

 何度も見たいなと思うくらい、惹きつけられて夢中になります。
 みんなと鑑賞できて嬉しかったです。

 ありがとうございました。