7月5日(日)「スモモの木の下で ―― スモモの収穫&田んぼの草取りツアー ――」

7月5日のなのはな

DSCN8019

雨上がりのスモモ畑。
朝起きて、スモモ畑に向かうと、
スモモと葉っぱに水滴がつき、お日様の光で輝いていました。
真っ赤に染まったスモモの実。
私が摘果をした頃は、まだ緑色で固く、サクランボの様だったのに、
今では立派で誇らしいスモモ。

DSCN8013

スモモの樹の下に入ると、地面がスモモの陰でキラキラして、
上を見上げると「これでもか」とスモモが鈴なりになっています。
   DSCN8010 そんなスモモの収穫は、優しく、的確に、丁寧に。
スモモ農家さんになりきって、スモモの熟し具合を判断し、ポンともぎとります。
微かに香るスモモの香り。
甘酸っぱく、フルーティーだけれど、どこか懐かしく可愛らしい香り。
採っても、採っても、周りを見ると、スモモに囲まれていて、
不思議のスモモの国に来た気分になりました。

DSCN8014
春には真っ白な花を咲かせるスモモ。
スモモの甘酸っぱさが、桃とは少し違う、
ちょっぴり大人の雰囲気を感じさせてくれます。
あんなちゃんやみんなと、スモモの収穫ができて嬉しかったです。
スモモが大豊作で、スモモが魅力的だなと思いました。

(ななほ)

          ***

P7050006

午後、5箇所の田んぼをまわって、畦際の草取りをしました。
1番目に行ったのは、カーブミラー田んぼです。
カーブミラー田んぼは、今年から新しく作らせてもらっている田んぼです。
毎年、ホタルイやヒエが多く出る田んぼだと地域の方から教えてもらいました。
雑草の種を残さず、できる限り、1本1本、草を抜いていくことで、
3年後、雑草が生えなくなる田んぼを目指して、草取りをしています。

 P7050088

私は、カーブミラー田んぼの見回りを担当しています。
見回りの時間に1人では取り切れない雑草を、大人数で取りかかって、
あっという間に取ることができて、とても嬉しかったです。
また、草刈りチームの人が、田んぼの畦全体の草刈りも同時に進めていました。
みんなで田んぼを綺麗にすることができて、仲間の存在を、とても心強く感じました。 

カーブミラー田んぼは20分で終わって、次の桃横田んぼへと移動しました。
桃横田んぼの畦際の草取りを終えた後は、山裾西、東田んぼに行きました。
枚数を終えるごとに、メンバーの人たちとのチームワークも良くなっていきました。
稲と見分けにくいヒエの区別もできるようになり、ヒエを確実に取りました。

P7050089

最後は、池下田んぼの小畦を刈りました。
作業終了の17時ぴったりに終わらせることができました。
雑草を取りながら、田んぼの中に入って歩いてみると、
稲がしっかりと根を張って成長をしているのを感じられました。
雑草を取ったあとの田んぼを見ると、爽やかな達成感を感じました。  

(ゆりか)

***

P7050003
〈地域の清掃活動に参加しました。 上石生、中石生、岩見田の地域の方々と、 それぞれの区域の草刈りをしました〉

***

P7050014 2
〈半分畑の苗床で、小豆の種まきをしました。 明日からの雨の前に、この日は貴重な晴れとなり、 チャンスを逃さずに色々な作業を進めることができました!〉

  P7050022