「雨の日」 ななほ

7月3日

・『滝川の翁』全収穫

 今朝は『滝川の翁』の全収穫をしました。
 長い間畑にいたキャベツ。定植した時は雪が降る日もありました。
 霜からも、強い日差しからも耐えに耐え、ついに収穫と思ったら、もう全収穫です。

 場所によって小さい株もあったのですが、雨が降ってからは1玉が3キロ以上の物が増え、今日に至るまで、毎日収穫をしました。
 例年では大人数で収穫をするイメージだったのですが、
 最近は3~5人と少人数でキャベツの収穫と嫁入りをしていて、どんどん効率よくなっていくのが嬉しいなと思います。

 今日は全収穫の後に、運びと嫁入り作業。選別に収納までをし、農産倉庫も綺麗になりました。
 またアスパラの嫁入りもさせて頂いたり、キュウリの収穫や、トマトに色々な野菜もあって嬉しくなりました。

・桃の加工と人参の加工

 午後からは予報通り雨が降っていたので、桃の加工の作業に入らせて頂き、選別から始まりました。
 選別は簡単だったのですが、その後の皮むきが意外と難しく、すごく極めました。

 河上さんが皮が綺麗に剥ける方法を教えて下さり、2回目からは真っすぐに、綺麗に剥くことができました。
 河上さんのOKも頂けて嬉しかったし、りなちゃんやさりーちゃん達にも説明ができて、みんなで美しい桃を目指しました。
 途中から私は洗いと選別に入らせて頂き、桃の産毛を洗って取っていたのですが、簡単にツルツルになって楽しかったです。

 桃がとても可愛らしく、ツルツルになるとリンゴみたいだったし、私たちの隣には加工で桃のコンポートを作っているみんなもいて、
 私もいつかなのはな産の桃で桃のコンポートやジャムを作ってみたいなと思いました。

 後半はニンジンの加工に入らせて頂き、久しぶりにニンジンの乱切りをして、無心になって作業する時間が楽しかったです。
 その後の悪い所落としや、片付け、洗いなどもスムーズに進み、やっぱり何かを作ったり、加工したり、野菜を切るのは遊びの様に楽しいなと思いました。
 なのはなに居たら畑の農家さんにもなれて、時にはお掃除屋さん、そして時にはお料理屋さんやお花屋さん。
 他にも何でもなれてしまうし、私はまだ言ったことが無いけれど、お昼に陶芸教室に行ったりなちゃんや、えみちゃん、まよちゃん達の話を聞かせてもらい、本当に古吉野では、なのはなファミリーというまた新しい世界が広がって、そこには優しい心を持って、よく生きたいと思う仲間がいると思うと嬉しくなります。