「思う存分楽しむ」 りな

6月30日

 6月29日は、えみちゃんのお誕生日でした。
初めてシスターをさせてもらったのがえみちゃんで、えみちゃんと応接室でドキドキしながら会ったことを覚えています。はじめての作業は多分すだれづくりで、その時私はとても下手で、えみちゃんと何度も待たせてしまいました。でも、その時すっと今出来る竹を置くことをしてくれて待ってくれて、とても優しいなあと思いました。
 私が紐を絡ませてしまったときには、瞬時に紐をほどいてくれて、びっくりしました。紐がどこを通ってどこで絡まっているかを見て、縫物をするかのように紐を通していくえみちゃんが頭がよくて器用で、すごいなあと思ったことを覚えています。
 畑作業では、誘引や整枝の作業はすっと理解して、細かいところまで丁寧にすることが出来て、追肥や土寄せなどパワーがいる作業は力を惜しまずにみんなに埋もれて精一杯で動いているえみちゃんがかっこよくて、えみちゃんと畑作業に出られることが嬉しいです。どんな作業もプレイヤーとなって、もっといいやり方はないだろうか、と責任感を持って動いているえみちゃんがとても頼もしく、尊敬しています。
 担当野菜の見回りでは、えみちゃんが見回りシートをとても細かいところまで記入してくれます。でも、とても的確で、見回りシートを見るだけで野菜の様子が今全体的にどうなのか分かります。どうしたらもっと見やすくなるのか考えて、畑のマップを作ってくれたことがとても嬉しくて、優しくて心遣いが出来るえみちゃんが素敵だなあと思います。 今、サリーちゃんのシスターをえみちゃんとさせてもらって、えみちゃんにたくさん助けてもらっているなあと感じます。えみちゃんが笑顔を見せてくれると、元気をもらいます。これからもえみちゃんと一緒に過ごせることが嬉しいです。
お誕生日おめでとうございます。大好きです。

 今日は朝から雨が降っていたのですが、午前中はゆったりモードで長い時間本を読めて嬉しかったです。普段はあまり読み進められないので、雨の静けさを活用して本をたくさん読めたらいいなあと思いました。
 午後はソフトバレー大会を勤労者体育館で家族全員でしました。えみちゃんもサリーちゃんもソフトバレー大会をしたことがないので、一緒に楽しめることが嬉しいなあと思いました。
 勤労者体育館に着いて、開会式があり、実行委員のあけみちゃんとのりよちゃんがチーム発表をしてくれました。私のチームはBリーグで、えみちゃん、サリーちゃん、しなこちゃん、かにちゃんと一緒のチームでした。5人のチームは5人でコートに出られるとお父さんのお話を聞いて、よっしゃ!と思いました。Aチームのしなこちゃんもいてくれてとても心強く、絶対に勝てると思いました。
 Bリーグで対戦するチームは、れいこちゃんチーム、あやかちゃんチーム、ゆいちゃんチームがありました。他のチームが対戦している間はそばで観戦することが出来ました。
Bチームだけれど、相手のチームもなかなか強くて、少し怯えてもいました。初めはゆいちゃんチームと戦いました。
 ポジションは、アタッカーが2人、セッターが3人で、前にセッターが1人と真ん中にアタッカーが2人、後ろでセッター2人が守るようにしました。でも、あまり上手くしなこちゃんにトスを上げれなかったり、連携が出来なくて、5点取った時点で負けてしまいました。
 試合が終わった後、敗因を話し合って、次はどうするかを決めました。どこにボールを投げるか、穴が曖昧なまま試合をしていたり、毎回複雑なポジションチェンジで定着が出来なかったことが原因で上がりました。だから次は、ポジションは同じにすることと、試合前にちゃんと狙いを決めておこうと話しました。
 次の試合はあやかちゃんチームでした。ポジションを一定にすることで少しチームの人と連携が取れてきたような気がして嬉しかったです。サリーちゃんが前のセッターに来てくれて、安定した高いトスをしてくれて、しなこちゃんのアタックが決まると、とても嬉しかったです。
 でも、7点ぐらい取ったところでまた負けてしまってとても悔しかったです。最後だけは勝ちたい、と思って、気合で勝とうと思いました。
 とにかく声を大きく出して声掛けをたくさんしようと思いました。チームのみんなも、1点を取るごとにハイタッチをして喜んでくれて、点を取るごとに絶対に勝てる!という自信が湧いてきました。
 点数はトントンで16‐16になりました。その時にサーブを打つことになって、息が止まりそうなぐらい緊張しました。でも、勝つことが出来て、とても嬉しかったです。とんとん拍子だったからこそ、ドキドキした試合で楽しかったです。

 後半で、あけみちゃんのチームに入って、Aリーグのお父さんチーム、しほちゃんチーム、ひろちゃんチームと対戦することになりました。とても強そうなチームばかりで緊張したけれどワクワクしました。
 もえちゃん、えみちゃん、わたしでセッターをして、しなこちゃんとあけみちゃんにアタッカーに入ってもらいました。最初はお父さんチームと対戦して、さすがAチームメンバーが入ったら全然ボールの速さが違って、とても盛り上がりました。
 ちさちゃんとお父さんのペアがとても強くて、お父さんのアタックが何度も決まりました。無意識に出来る穴にめがけてお父さんがアタックをすると、もう拾うことが出来ませんでした。15-11で負けて、とても悔しかったけれど、11点も点を取れたのが嬉しかったです。
 2試合目のひろちゃんチームでは、最初は勝っていたけれど、惜しくも15-13ぐらいで負けてしまいました。最後にしほちゃんチームと対戦しました。
 しほちゃんのアタックが強くて、ジャンプした瞬間からとても迫力があって圧倒されそうでした。でも、あけみちゃんやしなこちゃんがそのボールを拾っていて、とてもかっこよかったです。しなこちゃんもあけみちゃんも、後ろ向きやボールを打ちにくい体勢でも、ぜったいにコートに入れていて、凄いなあと思いました。しなこちゃんとあけみちゃんの姿を見て、私もどんなボールでも向かっていこうと思いました。
 しほちゃんチームにも負けてしまって、とても悔しかったです。でも、このチームで出来たことがとても嬉しくて、また一緒にチームになって戦いたいなと思いました。その時には、もっと強くなっているように木曜日と土曜日のソフトバレーを頑張ろうと思いました。
 罰ゲームは覚悟していたけれど、本当に罰ゲームになってしまいました。過酷なのかなあと身構えていたけれど、お題は「ジェスチャー伝言ゲーム」で、以前リレー大会でしたことがありました。今日は、制限時間がないルールでした。
 トップバッターはまえちゃん、まえちゃんがお題の紙を見て、みんなにジェスチャーで伝えていきます。アンカーはひろちゃん、ひろちゃんが、回ってきたジェスチャーが何を表しているのか当てる役割です。
 私はしなこちゃんから受け取りました。しなこちゃんのしているジェスチャーを見て、始めはちんぷんかんぷんでよくわからなかったけれど、何やら切って料理して食べているのは分かって、ピンとしました。これはこの前のお父さんが鹿をさばいた出来事に違いない、と思って、えみちゃんにそのままそっくり伝えました。
 最後、のりよちゃんから「イノシシをさばくお父さん」という答えを聞いて、はっとしました。そういえば、最初に鼻を指で押しつぶすぶたのジェスチャーがあったことを思い出して、これはイノシシのことだったんだ!と納得しました。いつか、お父さんがイノシシをさばく姿が見てみたいなあと思いました。
 
 雨だからこそできる読書とか、ソフトバレーとか、思う存分楽しむことが出来て、明日からは気持ちを引き締めて精一杯頑張りたいなあと思いました。