「理想像にして」 えみ

6月29日 

*黒大豆の土寄せ
 今日は雨前最後の晴れの日ということで、みんなで黒大豆の土寄せを何が何でも終わらせるのが目標でした。早朝作業は河原大、下畑から始まり、午後も6時半過ぎまでずっと土寄せを続けていました。勉強組で普段はなかなか一緒に作業できない子たちも午後から参加してくれて、みんなで終わらせることができて嬉しかったです。
 今回の土寄せは、畑によっては第2回目でした。前回は新生葉の真下まで土を寄せたのですが、今回は第一本葉の下までということでした。ついこの前1回目をしたところだったのに、黒大豆や白大豆は草丈も葉の枚数もぐんと増えていて驚きました。
 午後からはまえちゃんや須原さんが管理機をかけてくれたおかげで、文字通り畑の土がふかふかでした。土が固く、ゴロゴロとしていて少しやりにくかった畑も中にはあったのですが、その後にその畑にいくとまるで天国のようでした。くわもゆりかちゃんが新調してくれたピカピカのものを1番乗りで使わせてもらい、一かきしただけで土が面白いぐらいに寄せられて気持ちよかったです。最初は本当に全部終わるのかなと思っていたけれど、ラスト3枚が管理機かけたてのコンディションのとてもいい畑だったので、もう少しやっていたいと心残りを感じたぐらいでした。

 今日は19歳の誕生日でした。1日中たくさんの人にお祝いしてもらえて、本当に幸せでした。みんなからのコメントを毎回の食事の席で頂き、どんなプレゼントにも代えられないぐらい嬉しかったです。
 何人かの人が、私の日記を読むのが好きと言ってくれたことにすごく驚いたけど、嬉しかったです。私は自分の書く文章が嫌いで、日記もなかなか思うように書けないことにずっともやもやを感じています。みんなのベストオブ日記を読ませてもらうとどれもいい内容で、余計自分の日記がつまらないものに思えてしまっていました。でも、特に何かいいことを書こうとせずにその日にあったことを真っすぐに書くだけでも楽しんで読んでくれている人がいると知れて、すごく救われた気持ちになりました。日記を書く気分になれないときにも、そうした人の存在があればパソコンを閉じずに何かしら書こうと思いとどまれる気がします。
 なのはなに来てもうすぐ3か月。まだまだ分からないことやどこか抜けていることが多くて、みんなに迷惑をかけることもあります。でも、みんなが自分では気づきもしなかった良いところをコメントで教えてくれました。これからは今日のみんなのコメントを自分の理想像にして、もっともっとみんなの役に立てるように色々なことを吸収して、なのはなの中でしっかりと成長していきたいです。

 読んでいただきありがとうございました。