「毎日が気持ちいい」 ななほ

6月28日 日曜日

・桃のネット修繕

 午前は桃のネット修繕をしました。昨日の続きのボス級の桃ネットが完成し、ラスボスのビックネットに入りました。
 日曜日ということもあり、お仕事組さんもいてくれてネット修繕用の針が足りなくなる位、大人数で修繕ができて嬉しかったです。
 以前、お父さんも同じことを言っていたのですが、「裁縫みたいな楽しい作業は無い!」という位、桃のネット修繕に夢中になりました。

 日差しが強かったのですが、何と今日で桃のネット修繕が全て終わりました!
 体育館でのミシンでネットを縫い合わせる桃のネット作りも昨日で終わったらしく、いよいよ桃にネットがかけられると思うとワクワクします。
 午前のラストはスモモのネット修繕も進めて、大きな穴もあったのですが、それを綺麗に美しく、適確に早くできると本当に気持ち良くて、とても楽しかったです。

・走る、笑う、牛肥リレー

 午後は玉ねぎのネギと根っこ切りの作業を大人数で行った後、またまた大人数で、牛肥のバケツリレーに出発!
 最初に向かうは、河原大畑。最初からものすごく広い畑だったのですが、午後から永禮さんも来て下さって、パワーアップしました。
 永禮さんから繋がる牛肥のバケツリレーは、先頭にまえちゃんとのりよちゃん、その後ろに私たちが並んでいたのですが、見る見るうちに畑に牛肥のラインが引かれていきました。

 今回はロッキー山脈ではなく、ヒマラヤ山脈ということで、4~5センチの山を作りました。
 途中から私も撒く人に入らせて頂いて、まえちゃん達の反対側から黒大豆に追肥をしていったのですが、7畝程を追肥したらあっという間にまえちゃんと行き会って、とても嬉しかったです。

 そしてお次は、河原小。河原小の畑はイチジクの樹がある、元河原小麦下畑なのですが、この畑も横に長く、いっぱい走りました。
 どのシステムが一番早いか、試行錯誤し色々としながら追肥をし、結果的には定番の、1列分割型の方法が早いと分かりました。
 それでも、畑によって、長さや面積、時間と人も違うので、応用編もあったのですが、河原の2枚を30分近くで終わらせることができて嬉しかったです。

 河原の次は、新しくお借りした前原さんの畑2枚。
 最初は三角形の比較的大きいけれど、河原大に比べると小さ目な畑。
 滝川のすぐそばで、日差しは強いけれど、豆が生き生きとしていて、あの、お父さんとお母さんやみんなとの白大豆の定植が昨日の事のように思えました。
 でも豆たちが大きくなっていて嬉しかったし、この畑は1人1畝で入り、みんなが滑るように牛肥を猛スピードで追肥する姿も面白かったです。

 途中でエルフの牛肥が無くなってしまい、永禮さんとりなちゃん、さりーちゃんが町川牧場さんに牛肥を取りに行ってくれました。
 りなちゃん達は5時から別作業だったので、帰ってきたのは永禮さん1人だったのですが、エルフ山盛りに牛肥を摘んだ永禮さんが、太陽の方からやってきたので、その絶妙な逆光がカッコ良かったです。

 そして、前原さんの畑小の後は、大!
 この畑は面積が広く、河原も7aと10aほどあるのに、何と新しい畑は7aと13aもあり、永遠と猛ダッシュという感じだったのですが、熱々で満タンに入った牛肥のテミを持ち、畑を走ると、疲れと共に、泥臭さや、ヤケクソな気持ちが湧いてきて、全力疾走でとても気持ち良かったです。
 途中でハウスMTが終わったお仕事組さんや、ABパターンが終わった何人かの人も来てくれて、気が付いたら追肥が終わっていました。
 みんなの顔は牛肥でおじさんのようになっていたのですが、それもまた面白く、みんなで顔を見合わせて笑いました。

 次に向かうは、エゴマの夕の子畑。
 この畑も急な斜面に、30、40畝もある畑なので、畑までの坂を走っただけで息が切れていたのですが、もうやるしかないという気持ちで走りました。
 途中で写真を撮るのを忘れていたので、何枚か写真を撮ったのですが、先頭ののりよちゃんとまよちゃんの笑顔が眩しくて、元気が出ました。
 エゴマも少し見ない間に、背丈が60センチ近くに成長していて、みんなが「いい香り!」と言ってくれたり、しなこちゃんが「エゴマ、元気だね。」と言ってくれて安心しました。

 もうそろそろ、摘芯をしないとなと思い、小さな脇芽の葉っぱを伸ばし、今年の夏はエゴマの葉で巻いてみんなでバーベキューができたらなと思いました。
 何と、エゴマの追肥は13分。あの10a以上もある畑がこんなスピードで終わるなんて、本当に夢かと思うくらいすごくて、嬉しかったです。
 エゴマの畑の後も、坂をダッシュで駆け下りて、次はユズ畑。
 古吉野に帰った時に、お母さんの笑顔でまた元気が出ました。

 そして古吉野からも走ってユズ畑に行き、もう半ばヤケクソだったのですが、倒れてもいいという覚悟で、全力で動きました。
 ユズ畑は今までの畑に比べると小さ目の畑なのですが、坂道を走り、みんなでバケツリレーを繋いだ時間が温かかったです。
 途中でまた、エルフの牛肥が無くなってしまい、まえちゃんに「ななほちゃん! えりさちゃん!」と声をかけられました。

(もしかして)と思い走って行くと、「永禮さんと町川牧場に」と言われて、まえちゃんが話し終わる前に、えりさちゃんと「やったー」と叫んでエルフに走りました。
 永禮さんとのプチドライブは、私の大好きな梅の木コースのグリーントンネルをくぐり、田んぼの道を走り、町川牧場さんに。
 町川牧場さんに行くのは初めてでドキドキしていたのですが、「町川牧場」と書かれた看板の入り口から、黒い牛がいっぱい私たちを見ていてワクワクしました。

 牧場さんに着くと、四方八方、どこを見ても牛たちのお部屋があり、そこに私の身体の10~15倍ほどもある大きな大きな牛さんたちがいっぱいいました。
 私とえりさちゃんで「わー」と叫んで、牛さんたちのお部屋に近づくと、まるで(なんだ、なんだ?)と言っているように、牛さんたちが全員、柵ギリギリまで顔を出し、私たちを見ていました。
 えりさちゃんと私が歩くと、牛さんたちも私たちの方に顔をずらし、その光景がまた不思議で可愛くて、牛さんたちが面白かったです。

 隣を見たら、また大きい牛さんの姿があり、きっと雄の牛さんなんだろうと思うのですが、ものすごくムキムキで、どっぷりとしていて、とても可愛かったです。
 そして、永禮さんのエルフには、時々、なのはなに遊びに来てくれる飯田さんが大きな機械で、牛肥をエルフに積んでくださいました。

 飯田さんが私たちに笑顔でキャンディーを下さって嬉しかったし、こんなに贅沢で、楽しくて、ワクワクする農家さんはいないんじゃないかと思いました。
 牧場はまた私たちの畑とは違う魅力があって、私は動物が大好きなので、本当に牛さんが可愛かったです。
 飯田さんにお会いできたのも嬉しかったし、飯田さんが、「今からまた、この牛肥を使うんですか? 永禮さん、いいですね!」と笑っていて、
 永禮さんが「うん、僕幸せ! だって、大好きななのはなの子と畑作業ができるんだもの。もうパラダイス!」と言っていて、私も嬉しくなりました。

 また機会があったら飯田さんと畑作業をしてみたいなと思うし、町川牧場さんが、毎回たっぷりの牛肥を積んでくださり、その牛肥でなのはなの野菜が成長し、美味しくなっていくのが有難いなと思いました。

 牛肥を取りに行かせて頂けて嬉しかったし、その後のユズ畑の続きは2分で終わり、今度は野畑のゴーヤ。
 ゴーヤはラスト3畝だけだったのですが、やっぱり大人数では、追肥と畝ならしまでが3分ほどで終わってしまい、みんなが瞬間移動をしている様に早く、誰が誰だか分からない位、みんなが動いていて、その光景も嬉しく有難かったです。

 また私たちの牛肥を待っている間に、みんなが休憩とオクラの草取りも進めてくれて、本当にありがたいなと思いました。
 そして、野畑の後はまえちゃんと先頭を切って猛ダッシュをして、滝川の畑に。
 永禮さんの運転するエルフを追いかけるように走ったのですが、何かのパレードをしている気分になり、こんなに楽しいって幸せだなと思いました。
 滝川横に永禮さんがエルフをつけて下さり、そこからは1人2往復して牛肥のテミを持ち、ウナギ取り畑の2枚の畑の大豆に追肥をしました。

 滝川の畑には、大人とも言えない、子供とも言えない小さな小さなカエルの姿があって、2センチもないくらい小さなカエルたちがピョンピョンと水の中に飛び込む姿も可愛かったです。
 そしてラスト15分。どの畑も10分から20分のペースで進んでいるのですが、移動も含め終わるか終わらないかという気持ちで走りました。
 のりよちゃんと先頭を猛ダッシュで走り、滝川畑から第1鉄塔畑まで1分ほどで到着。

 そして畑でも走り、息切れ状態になりながら追肥をしたら、20畝程もある里芋の畑が、何と5分。
 まさかのタイムなのですが、時計の針は6時58分。あと2分で夕食の時間で驚いたのですが、ものすごい達成感を感じました。
 いつもなら、第1鉄塔畑から古吉野まで5分から7分の時間が掛かるのですが、ラストは今日一番の力を振り絞って、走り、走り、走りました。

 途中の坂はきつかったのですが、「10秒ダッシュ!」と叫んで駆け上がると、息がハアハアしたけれど気持ち良かったです。
 無事に2分で古吉野まで辿り着き、やり切った感でいっぱいになりました。
 夕食はハヤシライスで、大きな口で頬張ってしまったのですが、また明日にはこの疲れも無くなるだろうし、今日は疲れたし、暑かったけれど、その前に楽しくて、いっぱい笑って、いっぱい動いて声を出して、こんなにエネルギーに満ちあふれ、生き生きと生活できるのが幸せだと心から思いました。

 昼食の時にお父さんとお母さんがアスパラのことも話して下さって嬉しかったし、大玉トマトのハウスがトマトの赤で染まっていたり、ゴーヤも15センチ以上に成長したり、オクラも明日に初収穫ができそうで、本当に嬉しいです。
 また、のぞみちゃんと旦那さんが、ゆりちゃんとなのはなに来てくれて、生まれてから4カ月しかたっていないゆりちゃんは、とても可愛く、フワフワとしていて、でも本当に逞しく、身体が丈夫そうで、のぞみちゃんの優しい笑顔も嬉しかったし、ゆりちゃんと仲間になれて、ゆりちゃんもなのはなで成長していくんだろうなと思うと嬉しくなりました。
 今日も一日ありがとうございます。おやすみなさい。