「ナスの手入れ」 しなこ

6月27日

 夕方の作業で、ナスの手入れをさせてもらいました。
 牛肥の追肥と誘引をしました。
 追肥は急遽したいと思って、昨日お父さんに相談させてもらって、今日すぐにすることができました。

 石の下畑のナスは10畝あって、牛肥を軽トラ約1杯分まいて、畝全体に広げました。
 作業メンバーは4人だったのですが、追肥もスムーズに進んで、追肥が終えられて嬉しかったです。
 作業前の3時~3時30分までの間で、牛肥を肥料袋に詰めていたのですが、ゆきなちゃんが放送で呼びかけてくれて、何人かが集まってくれて、一緒に詰めることができて、準備ができたのも嬉しかったです。
 作業時間になって、肥料を畑まで運ぶのに、作業メンバーには軽トラを出せる人がいなかったのですが、大豆の牛肥入れの作業だったどれみちゃんが運んでくれて、ありがたくて嬉しかったです。
 牛肥は今日買ってきてくれたばかりで、まだあたたかくて新鮮な感じがして、ナスにあげられてよかったなと思います。

 追肥のあとは、誘引を進めていました。
 ナスの誘引は下段の横竹に篠竹を橋渡しして、橋渡しした篠竹に誘引をしていきます。
 誘引をするまとまった時間がとれていなくて、少しずつ進めていたのですが、今日も進んで嬉しかったです。
 まだ全部が誘引できてはいないのですが、橋渡しの篠竹は全部にくくりつけることができたので、よかったです。

 ナスの誘引も自分は今年が初めてなのですが、難しいなと思いました。
 今は3本仕立てになっていて、主枝と側枝が2本の3本で、今後は側枝から出る側枝を1本伸ばして4本仕立てになる予定です。
 自分がまだナスについて勉強不足なので、把握しておきたいなと思っています。

 作業をしていると、お父さんともえちゃんが畑を見にきてくださって、嬉しかったです。
 ナスは7月から収穫解禁なので、初収穫の日も楽しみだなと思うし、追肥の効果も出てくれたら嬉しいなと思います。
 雨前に追肥ができて嬉しかったです。

 ありがとうございました。