「一緒に成長していけるように」 えみ

6月24日

*玉ねぎの収納
 朝食後、この間収穫をしてロータリーやグラウンドに天日干しをしていた玉ねぎをみんなで体育館の中に運びました。コンテナの中に一杯になるまで玉ねぎをつめたあと、体育館に広げたブルーシートの上にどんどん空けていきました。

 収穫したときはコンテナ一つと一人で運ぶのがやっとというぐらいずっしりと重かったのですが、数日干して少し水分が抜けたからか少し前よりも軽く感じました。
 全部で6トンほど、なのはなのみんなで食べても1年分以上になるそうです。また雨の日に、今度はつるせるようにひもをつけたりするそうで、またみんなとできるのが楽しみです、

 

*黒大豆の土寄せ
 昼食前の1時間で、まえちゃんとCチームのみんなでコミュニティ畑に植わっている黒大豆の土寄せをしました。
 直前に須原さんに管理機をかけていただいたそうで、土がものすごくふかふかでした。今まで何度か大豆の土寄せはやらせてもらったのですが、経験した中で1番というぐらいで、サクサク進んだのが気持ちよかったです。

 この1時間での目標はこの畑を1枚終わらせることだったようなのですが、40分以内で済んで次の畑まで進めることができました。
 暑い中、汗を流しながら大人数でする作業は終わった後の達成感が倍以上な気がします。ただ黙々とくわで土を寄せているだけの時間も、みんなで絶対終わらせるぞ、という雰囲気が伝わってきて自分も目の前にすごく集中できました。

 午後の5時から7時の時間では、Cチームでアスパラガスやゴボウの草取りをした後、サリーちゃんと一緒にマクワウリの水やりをしました。この間見た時にはまだ豆粒ぐらいのサイズだった実が、今日は小さいミカンぐらいのサイズになっていて驚きました。つるもぐんと伸びていて畝間にかかるほどになっていて、本当に生長のスピードが速いなと感じました。

 サリーちゃんと一緒に作業していると、サリーちゃんの真面目さがよくわかります。草取りなどもすごく丁寧なのに早くてびっくりしました。土寄せなど体力のいる作業では少し疲れた、と休むことはあってもすぐに戻ってきてくれてみんなの中になるべくいようとしてくれていて嬉しいです。サリーちゃんは動物が好きみたいで、あかりちゃんやクロのことを「かわいいー!」と言いながら撫でているときの笑顔が素敵だなと思いました。
 私もそんなサリーちゃんと一緒に成長していけるようにもっと頑張ります。
 
 読んでいただきありがとうございました。