「玉ねぎ祭」 ななほ

6月21日 日曜日

・玉ねぎの全収穫

 今朝は大人数で玉ねぎの収穫をしました。
 日曜日で、リュウさんやお仕事組さん、スペシャルゲストで永禮さんも来て下さり、全員集合の今日、河原畑のあの、半年以上も畑にいた玉ねぎを収穫します。
 畑に着いてすぐ、役割に分かれ、私は運び部隊でした。
 1人1畝で玉ねぎを引っこ抜いている人達が居て、その人たちが置いた玉ねぎの土を払い、コンテナに入れ、入り口まで運びます。

 途中で引っこ抜き部隊になったり、オールマイティで動いていたのですが、みんなの活気のある空気が嬉しくて、パワーアップしました。
 玉ねぎは場所によっても大きさが違ったのですが、大きいものでは、直径が15センチ程もあり、1玉が300~500グラムほどでした。
 黄金色に輝く玉ねぎからは、香ばしく甘い香りも広がり、何十往復も玉ねぎを運んだり、みんなと収穫ができて嬉しかったです。

 後半は同時進行でマルチシートの回収や、ペグの回収なども進め、あっという間に玉ねぎが掘り返されました。
 その数、25000株。後で計算をしたら、6.2トンの玉ねぎだったのですが、永禮さんのトラックを何往復もして、無事に400コンテナ分の玉ねぎを収穫できました。
 余りの数で驚いたのですが、ラストスパートはみんなで全力疾走し、朝食の時間を少し過ぎてしまったのですが、みんなと収穫ができて達成感を感じました。
 あゆちゃんの指揮の下、マルチシートも綺麗に回収できたり、古吉野に戻ると、ロータリーとグラウンドが玉ねぎ畑になっていて、
 昨日は『ケニーモナークフェスティバル』だったのに、今日は『玉ねぎ祭』だなと思いました。

朝食後もほぼ全員で、玉ねぎ回収をし、その後牛肥のバケツリレーで河原畑の元肥入れをしました。
明日にはもう、大豆が定植されるということで、大忙しだったのですが、牛肥も無事に入れ終え、マルチも全て回収し、玉ねぎを干す所まで、みんなで終わらせられて良かったです。

 

・黒大豆の植え付けリレー

 午後はまえちゃんとあゆちゃんと黒大豆の植え付けをしました。
 今回の目標はいいとこ下畑だったのですが、植穴掘りから始まり、目標以上に早く植え付けが終わりました。
 綺麗に、美しく、真っすぐに植え付けるのは意外と難しいのですが、みんなで植穴を掘ったので、真っすぐのラインも分かりやすかったです。
 
 そして、いいとこ下の植え付けをしたところから、ホースで水やり部隊の人が水やりをしてくれて、私は下の畑、新しくお借りした保育園東畑に向かいました。

 保育園東畑には大きなサクランボの樹があり、赤くてツヤツヤとした大玉のサクランボがなっていました。
 その横には2本の柿があったり、畑も面積が広く、植穴掘りから植え付けまで、みんなで協力してできて嬉しかったです。
 植え付けは途中から全員で1畝に入り、1畝50秒で進めていきました。

 そして水やり。水やりはジョーロで行ったので、時間と労力が必要だったのですが、畑を走り、走り、走りまくって水やりをしました。

 畑を走ると、足が重く感じたのですが、そのお陰で普通の道路がものすごく走りやすく、身体が軽く感じました。
 そして保育園東畑の水やりが無事に終わったら、残り25分時間があり、ラストはユズ畑!

 ユズ畑には先行して植穴掘りの人がいたり、作業が早く終わったみんなが植え付けを進めていてくれて、ラスト25分で植え付けと水やりまで、超特急で進めました。

 夕食に遅れてしまったのは申し訳なかったのですが、朝から夜まで9時間以上畑に出て、みんなと走って、笑って、力を合わせて作業ができて気持ち良かったです。
 心から楽しいと感じるし、全力で、自分の力を最大限に使うとスッキリして、本当に楽しく達成感を感じた1日でした。

 昨日の『ケニーモナークフェスティバル』が嘘のように昔に感じたのですが、1日があっという間だけれど、充実していて、明日も植え付けを頑張りたいと思います!