「まえちゃん」 えみ

6月23日 

*小豆の定植
 今日の早朝作業では、河原小田んぼの小豆の定植をしました。
 昨日やった時には一畝ごとにライン上にくわで1つひとつ穴をあけていったのですが、今日は一気に溝を掘り、30センチ間隔で株を植える場所に米ぬかで印をつける方法で進めました。人数が少なかったのでその方が圧倒的に早く、きれいに植え付けまでできたように思いました。まえちゃんはどんな時もその場にいる人数や状況によって一番効率よく進められる方法を考えてくれて、いつも一緒に作業させてもらうとやりやすいなと感じます。リーダーさんなのに私たちと一緒に作業もしていて、視野を広く持てているまえちゃんがかっこいいなと思いました。

 午後は、大人数で引き続き小豆の定植をしました。遠くから見ても広い畑だったのですが、苗を植え付けていくと余計広く感じてなかなか終わりませんでした。けれど、次々に別の作業から人が来てくれて、最終的にはみんなで畑を走り回って水やりまで終わらせることができて気持ちが良かったです。暑さで体はものすごく疲れているはずなのに、みんなの中で動いているとなぜか疲れを感じず、作業が終わってももっと動けると思えたぐらいでした。小豆の苗は黒大豆や白大豆とは違って、名前の通り茎が細くて少し小さめだったのですが、たっぷりと水をあげることもできたので上手く活着してくるといいなと思います。
 最近、いろいろな夏野菜が取れ始めている話が嬉しいです。食事の器にも彩りが増えて、毎日取れたての野菜が頂けるのが本当にありがたいです。