「生きる道」 まち

6月22日(月)

 今日、OMTで校長室に呼んで頂いてありがとうございました。お父さんとお母さんが私にプライドを授けて下さいました。もう私は、自分を卑下したり自己否定することがないです。お父さんとお母さんが私に運命と将来を教えてくれました。私の誇りをくれました。だから、もう、二度と自己否定することがないです。

 リーダーが出来なかったり、人をうまくまとめられなかったり、仕事ができなくて強烈な自己否定に陥る必要がなくなったこと。誰かを輝かせることが自己の使命となり喜びになること。これだけ、楽になることがあるでしょうか。人をサポートするのはなんとなく好きだと思っていたけれど、これが私の生き甲斐になるなんて、本当に嬉しいです。それに、お父さんとお母さんのお墨付きなんです。本当に本当にありがとうございます。

 今まで頑張ってきたけれど、なんとなく苦しかったこと。それは、頑張り方が間違っていたのだと、理解できました。私は、夫や子どもを、何かの名人とさせて、世間的に貢献させることが使命だった。自分が何かの職業についてばりばり働くことではなかったです(それが目標だったから、できなくて今までなんとなく苦しかった)。お父さんとお母さんに言ってもらえて、すごく心が楽になりました。本当にありがとうございます。

 作業だったら、リーダーやその作業で一番輝いている人をもっと輝かせること、衣装部だったら、つきちゃんがもっと仕事がやりやすいと思って、もっと自信を持って輝いてもらえるようにすること。今、伸び盛りにある人を、もっと成長させたり、自信を持ってもらえたり、やる気を出させたりできるようにすること。そう理解してもいいですか。こんな、魔法みたいな役割、緊張するけれど、それが本当にできるようになったら、私は生まれてきた意味があったと思えるし、自分を肯定できるし、大きなプライドを持って生きていくことができます。お父さんとお母さんが「お前ならできる」と仰ってくださったのだから、本当にできます。やってみせます。

 夕食の席で、あけみちゃんのおめでたいコメントを聞けたこと。あけみちゃんがずばり私の隣の席だったこと。これは、流れがきている!私がちょっとふざけて、あやかりたいです、と言ったら、笑ってくれる温かいみんながいてくれること。お母さんの笑い声も聞こえていて、私は嬉しくて恥ずかしくてお母さんの方を見れなかったけれど、本当に嬉しかったです。

 良い見本がいるよ、とお母さんが教えてくれて、それはお母さんのことだったけれど、もう恐れ多かったです。でも、お父さんとお母さんのような、運命共同体の関係。どちらかが怒ったら、どちらかがフォローして、「うまく言えなかったら助けてね」と言い合える関係、ずっと一緒にいて、お互いに尊敬し、お互いに必要としあい、お互いに成長し合い、お互いがお互いの存在に感謝している関係。そんな関係を作れるパートナーと、私も出会いたい。私は、家庭が不仲だったので、ずっと結婚というものに希望持てなくて、だから結婚しなくてもいい、自分がばりばり働きたいと思っていたけれど、お父さんとお母さんの関係を見て、結婚や夫婦関係に希望と確信を持つことができました。なのはなに来るまで、密かに結婚したいな、と思ったこともあるけれど、それは自分の理解者が欲しかったからですが、なのはなに来て、同じ苦しみを持ち、同じ希望を持ち、理解し合える人と出会ったので、なのはながあるから結婚はいいかな、と思っていたけれど、やっぱり私は諦めなくていい。大きなプライドをお父さんとお母さんがくれました。こんなありがたいことあるでしょうか。こんな私を見捨てずに、生きる指針をくれました。希望をくれました。私が一生、自己否定せず、生きる意味を感じながら生きていくことができるように、心の支えを贈ってくれました。

 今まで何人かお付き合いしたことがあったけれど、いまいち相手が伸びなかったのは、きっと私の見る目がなかったからだと判断していいですか。症状のさなかにある状態での相手選びは歪んでいるからですよね。お父さんみたいに、素敵な男性なんて、この世に一体どれだけいるのでしょうか。でも、お母さんは求めて求めて求め続けて、運命共同体のお父さんと出会った。だから私も諦めません。求めて求めて求め続けます。
 お父さんとお母さんが使命をくれたのですから、今まで摂食障害の人も、それ以外の人もたっくさん見てきたお父さんとお母さんが私に与えてくれた使命。この道しかないです。大きなプライドです。諦めません。だから、私も将来のパートナーと出会うまで、自分を磨き続けます。

 今リビングにいるのですが、ニンジンを漬けたさやねちゃんの笑顔がとっても素敵だと思いました。ななほちゃんが、ニンジン美味しかった!と言っていて、それを聞いたさやねちゃんの笑顔。さやねちゃんも自己の使命をお父さんとお母さんから頂いて、それを全うしようとプライドを持って生きているから、こんなに素敵な笑顔を出せるのでしょうか。さやねちゃんも、同じ苦しみを持って生きてきて、なのはなでお父さんとお母さんから生きる指針を頂いて、まだ見ぬ誰かのために、それに向かって進んでいるから、こんなに輝いて素敵なのかな、とふと思いました。まだ見ぬ誰かのために。私も、まだ見ぬパートナーのために。パートナーを立派に育て、パートナーを通して、まだ見ぬ誰かを救うために。私も生きる道を全うしたいです。

 なのはなには何人もいるのに、こんな私を救おうと、ありがたいお時間とお言葉を頂いて、本当にありがとうございます。ほしちゃんともえちゃんとOMTさせてもらった時間も、かけがえのない時間でした。お互いのことをもっと理解でき、お互いに絆が深まったような気がして、何も言わなくても、3人の間で温かい優しさが包んでくれるような雰囲気があります。貴重なお時間、本当にありがとうございました。

 これから生活する姿勢が変わってくると思いました。もう結婚できないかも、と思っていたので、料理もできなくていいや、と思っていたけれど、立派なパートナーを育てるには栄養のある料理を作らなくてはいけない。明日から私の野菜切りや朝食当番で味噌汁を作る気合いがやたらと濃くなっていると思います。笑顔も絶やさずに。教養を高めないといけないので、小説ももっと読まなくては。穴が開いている靴下をはいている場合じゃない。洗濯もしわを伸ばしてしっかりと。所作も美しく。その前に、髪の毛を生やさなければ。

 いろいろと本当にありがとうございます。自分を諦めなくて良かったです。お忙しい中、お時間頂けて、本当にありがとございます。私を苦しみから救って頂いてありがとうございます。明日からも、プライドを持って、意識して、作業に取り組みたいです。