「優先順位をつけて」 しなこ

6月22日(月) しなこ

 夕方の作業で、昨日定植された黒大豆の水やりをさせてもらいました。
 最初は4人でいいとこ下畑の水やりをホースでやっていました。畑の左右にタンクがあって、それぞれ2分岐のホースだったので、4つのホースでスムーズに水やりができました。
 いいとこ下の水やり後は、その畑の下の保育園東の水やりの合流しました。この畑では人力での水やりで、やよいちゃんが中心となって、6人くらいで始めていました。
 夕食の席でやよいちゃんが話してくれていたように、6時すぎから水やりが始まっていて、終わるかどうか、という感じだったのですが、終わらせたい!というみんなの気持ちがあって、みんなが畑を走っていました。
 やよいちゃんが、「みんな、急いでください!」「絶対に終わらせたいです!」「空のジョウロを持っている人は走って、移動を素早くしてください!」などとみんなに呼びかけていて、私も終わらせる気持ちで走り回りました。
 やよいちゃんがタンクから水をくんでくれて、くんでくれた水を運ぶ人と、水やりをする人に分かれて、どんどんジョウロが運ばれていきました。私は水やりをする役割だったのですが、運んでくれる人が次から次へと持ってきてくれて、待つ暇もないくらい途切れずに水やりができました。
 水がなくなってタンクの補充に行っている間も、いいとこ下で使っていたホースを伸ばして水やりをして、進めていました。

 6時30分くらいでしょうか、車が来て、ヘルプに何人か来てくれました。ヘルプの人が加わって、ラストスパートという感じでスピード感がある水やりが行われていました。人数が増えて運ぶスピードも速くなって、どんどんとジョウロが運ばれて水やりができました。
 みんなが、終わらせる!と同じ気持ちで作業をしているのを感じました。スピードのある作業が楽しかったです。
 6時40分ごろに水やりが終わって、そのときは「終わった~!」とみんなが喜びの叫びをしていて、私も終わってよかったなと思いました。
 いつも思いますが、みんなの力はすごいなと思って、みんなと作業ができて嬉しかったです。
 みんなを動かすやよいちゃんの姿も、本当に素敵だなと思って、自分もそうなりたいなと思いました。

 午前中はチーム作業の時間を2時間ほどもらっていたのですが、計画が曖昧だったのと、段取り不足で、作業がはかどった感じはしなくて、チームのみんなにも申し訳なかったなと思います。
 自分が思っていたのは、各担当野菜で作業をしたいなと思っていて、トマトは水やりと摘心、ナスとマクワウリは水やりと誘引、ニンジンの収穫と草取りとしたいことは沢山ありました。予定では10人メンバーがいる予定だったのですが、他の作業などで抜けてしまって、実際に作業ができたのは5人でした。
 人数の変更で、頭の中が少し混乱してしまって、作業の組み立て直しができずに、グダグダのまま作業をしてしまいました。
 水やりは必要だと思って、水やりをしたのですが、ほとんど水やりで終わってしまったなと思って、自分の力不足だなと感じました。
 今日の場合は、人を散らしすぎたのもよくなかったなと思って、人数が少ないときは、みんなで1つずつ終わらせていくのがよかったのかなと思って、次からはそうしてみたいと思いました。
 あとは、紙に書いて、作業に優先順位をつけて組みなおすのも大切だなと思いました。

 今日は明日のやりたいことについて、段取りを立てたので、今日よりもスムーズに進められたらいいなと思います。

 ありがとうございました。