「意志」 るりこ

6月20日

○お父さんに教えていただいて
 夕食後、えりさちゃんとシスターのことについて、お父さんとお母さんに相談に行かせていただきました。
 率直に書くと、嬉しかったです。自分ができていない部分を指摘されたけれど、それが嬉しかったです。お父さんの言うことが本当にその通りだと納得できました。何が間違っていたのか、そのことをお父さんが具体的な出来事を上げて教えてくださったから、自分の過ちが明確にわかりました。

 ユアペースにさせてしまっていること。それはわたしに意志がないから。いいよ、いいよとしてしまうことが優しさではないのだとわかっていたつもりでいたけれど、やっぱりわたしはそれを認めてしまっていたと思います。食事のことも、集合のことも、わかったと付いていくばかりではなくて、自分の意志としっかりと持って、ときには厳しく言うことが本当の優しさで、それがめぐみちゃんのためになるんだと思いました。

 お父さんがわたしの誕生日のときにおっしゃった言葉を思い出しました。
「ときには人とぶつかるくらい、自分の意志をはっきりと持つことが必要」
 わたしはずっとずっと誰かと衝突することを恐れて、相手のペースに合わせて、自分も相手も傷つかないように意志をなくしてきたと思います。
 でもそれだと、本当の強さと優しさは持てないのだと思いました。

 意志を持ちます。誰かとぶつかることを恐れません。それくらいの気持ちでいます。お父さんの厳しい言葉が、今日は優しさだと強く思いました。
 父の日だということもあって、お父さんは理解してくださっていると感じます。お父さんが真っ直ぐに向き合って教えてくださったことを、そのままに受け止めて、変われるように行動に移します。
 上手く伝わったかわからないけれど、ありがとうございました。