6月16日(火)「桃の実は、収穫期へ向かって」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月16日のなのはな

P6160375

桃の硬核期が明け始めたため、 摘果を再開しています。 
硬核期は種が形成される大切な時期で、桃が繊細になっているため、刺激を与えないように、摘果を見合わせて、袋かけなどを進めていました。

この日は、早生と中生の品種を回りました。 
古畑の白鳳と紅清水など、摘果する数がやや多い木は、一度に摘果をすると桃がびっくりしてしまうと思い、2段階にわけて摘果することにしました。 
硬核期が明けたからといって、急激な養分や水分の変動があるといけないので、引き続き収穫まで緊張が続きます。

P6160377

P6160381

加納岩白桃の実の大きさは今、5~6センチ。硬核期間は、種の充実に養分を使うため、実はあまり大きくなりませんが、これから収穫まで一気に大きくなっていくはずです。

(あんな) 
 

 P6160387

 

 

●〇●〇●

長雨後、久しぶりのサマータイム。雨でできなかった、やりたいことがたくさん溜まっています。 
今日は、からっと晴れて、絶好の畑日和。さあ、苗を植えよう!

夕方は、まえちゃんリーダーで、黒大豆の定植をしました。 
今日植えるのは、コミニュティー畑、諏訪神社奥、ウナギ取り畑小、ウナギ取り畑中の4枚です。

P6160037
〈苗床から苗を堀り上げ、いざ定植場所へ〉

  P6160056P6160063

私は17時から合流したのですが、もうすでにコミニュティ畑が終わろうとしていました。 
(えっ!? 速いな~)と心のなかで思いながら、まえちゃんの声が耳に入りました。いざ始めると、息をつく間もないくらい忙しく、とはいえせかせかもしておらず、テキパキとした空気感を放っていました。

畑には、すでに一直線に植わる黒大豆。未来にたくさんの豆をつける苗が、これからこの土地で根を張ろうとしています。 
植え付けられた黒大豆に、1株につき3リットルずつ、たっぷりと水をやりました。そのとき、苗が倒れないよう、十分注意しながらそっとやるのがポイントです。

本葉が出て、草丈15センチほどに大きくなった苗は、黒大豆の抜け殻がついていました。ほんの少し前まで、黒豆そのものだったものが、苗になるのがなんとも不思議に感じてしまいます。

次に行ったのは、諏訪神社奥。その間に、ウナギ取りの2枚に定植する人たちも……。ここからは、二手に分かれて同時進行で進めていきます。 

諏訪神社の畑の奥には、空芯菜という先客が植わっており、今までまっさらだったところにようやく黒大豆が植わって賑やかになります。

今度は植え付け部隊に入り、まえちゃんから植え方を教えてもらい、一列を担当しました。1人1畝で、その列は全て自分で植えるのでより緊張感が高まります。とにかく真っ直ぐ、丁寧に植えることを意識して植えました。 
コミュニティ畑もですが、どちらも土がふかふかで、とても気持ちよかったです。ゴロゴロの土より、ふかふかのベッドのような土は、小さな苗にとってどんなに過ごしやすいことでしょう。

P6160083

また植え付けたらすぐさま、水をやっていきます。つい先日、お父さんとお母さんが言っていました、“野菜にとって1番のごはんは水”だと。水をたっぷりやることは、定植直後に欠かせないことだと実感しました。

そろそろ日が暮れようとするとき、ちょうど水もなくなり、定植が終わりました。帰る途中、キラッと眩しい夕陽がとても美しく、私たちを迎えてくれているような気がして嬉しかったです。黒大豆が、元気に育ってくれたらいいなと思います。

(さき)

 

●〇●〇●

 

DSCN7668
長雨が明け、今朝から早朝作業が再スタートし、  みんなで畑作業を進めました!
DSCN7643
アスパラ畑では、  大人数でバケツリレーをして、牛肥をまきました。  これから夏芽の収穫が本格化していく前に、  たっぷりの牛肥を入れていきました。

 

夏野菜では、中畑で育てているキュウリの収量も増えてきました。1日平均5キロの収量がコンスタントに穫れ、食卓も夏野菜のメニューが増えてきています。

●〇●〇●

P6160372
山畑西にトウモロコシ第11弾の植え付けをしました!  第1弾は摘果を終え、7月初旬に迎える収穫を待ち望んでいます。明日は、畑に獣よけ対策の害獣ネットを張ります。

 
P6160368 

 

***

 

DSCN7702
ピーマンに花が咲きました!