「原点」 のん

○ゆりかちゃんのお誕生日
 今日はゆりかちゃんのお誕生日でした。ゆりかちゃんに出会って、フラダンスが大好きになりました。フラダンスに出会ったのが、なのはなじゃなかったら、教えてくれたのがゆりかちゃんじゃなかったら、こんなに好きにならなかったろうと思います。

 おだやかで優しくてしなやかな動きの中に、強さがある。ゆりかちゃんのダンスを見ているとそんな感じがします。それはきっとゆりかちゃんそのものなんだと思います。

 1年生教室に入るとき、ゆりかちゃんが一番入り口に近い机のところに座ってほほえんでくれているのを見ると、すごく安心します。丁寧に対応してもらって、いつも嬉しい気持ちになります。いつも本当にありがとうございます。お誕生日おめでとうございます。

 

○模試
 今日は1日かけてTACの模試を解きました。午前に簿記論、午後に財務諸表論をやりました。

 簿記論の第1問は貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の金額推定穴埋め問題でした。大原の模試でも何度か同じ形式の問題があって、分かればパズルみたいで面白い、分からないと分かる気がして考えてしまう、個人的に時間を浪費しやすい問題です。

 何度かやってきて、どことどこの金額が連動しているか大分把握できていたので、今回は面白く解くことが出来ました。問題は第2問でした。リース取引のいろんなパターンの仕訳を答える問題で、所有権移転外なのか所有権移転なのかを判断して、借り手と貸し手両方の仕訳を答えるもので、残価保証のものまであって、曖昧にしているところをグサッと刺された感じでした。

 解約可能と書いてある問題があって、それってオペレーティング・リース取引じゃなかったっけと思ったけれど、使用できる科目に支払リース料がないからファイナンスなのかと考えてしまって、分からないので後に回しました。

 第3問の総合問題は分からないような問題は多分なかったけれど、時間が足りませんでした。最後15分くらいになって、今分かるところだけバーッと回答欄を埋めて、余った時間ですぐに答えが出る科目のところだけ拾っていきました。社債と有価証券は時間がかかるので捨てて、賞与などを先にやりました。時間が終わってから社債や有価証券をやってみると、普通に解けたので、悔しかったです。

 財表は、理論が大原で覚えたところと違うところが大部分で、4問くらい空欄にして残り約94分くらいの段階で計算に移りました。退職給付の問題で、問題文の日本語の言い回しとしてどっちの意味でとらえたらいいのか分からないところがあって、時間をロスしました。

 あと、機械が期中に焼失した際に減価償却費を加味しないで保険差益を計上しているという旨の記述があって、新しく買った機械の償却方法は書いてあるのに、焼失した機械の償却方法が見あたらなくて、どうしたものかと思って悩みました。

 あとはそんなに難しいという感じではなくて、残り15分くらいで理論に戻りました。全然覚えていない論点だったので、とりあえず埋めようと思って自分の考えを書き殴りました。最後の1問の途中でタイムアップになりました。

 まだまだ知らないことがあるんだと思うと、もっと知りたいと思いました。

 

 先日のハウスミーティングで、お父さんに、浮き足立っているから何のために勉強するのか、なんのために税理士になるのか、もう一回考えたほうがいいと教えていただいてから、ずっと考えていました。なんで浮き足立つほど気持ちが揺れてしまうのかも合わせて、ずっと考えていました。

 やっぱり原点に戻ってきました。私は得た知識で誰かの役に立ちたいです。誰かを守りたいです。「誰か」というのは、優しく生きたい人、良く生きたい人だと思いました。

 私は当番とかをやっていても、みんなが嫌な気持ちにならないようにと思うと、一番不満そうな人、というと語弊があるかもしれないですが、そういう人に合わせて、そういう人に気を遣っていたと気付きました。でも、良くやりたいと思ってくれている人コンシャスでやればいいんだと思いました。最近のダンス練習でも、一生懸命やろうとしている人に伝えるのは、どんなに時間がかかっても嬉しい時間です。

 この前お母さんに、試験まで2ヶ月なんだから、ちさちゃんの宿題手伝ってる場合じゃないよ、と言われてしまいましたが、私にとっては、もう自分も習っていない範囲だけれど、それでも調べて、分かって、それを伝えて、一緒に考えられる時間が、実は一番楽しい時間かもしれないと思いました。

 よくあろうとしている人の力になれる、サポートができる税理士になりたいです。知識が助太刀できる武器になります。それ以外にもつけなくちゃいけない力がたくさんあるし、今日のお昼の集合でお母さんが話してくださった利他心がまだまだ浅いし弱いです。

 最近のダンス練習でも勉強との優先順位をはっきりとさせられなくて、チームの人に大分迷惑をかけたと思います。自分を離れて、周りの人を助けたり、嬉しい気持ちに出来るような力をつけて、気持ちを磨いていきます。