「いつも良かれという気持ちで」 あやか

6月13日

○まよちゃんのお誕生日
 今日は、まよちゃんのお誕生日です。
 まよちゃんは、いつも、良かれ、という気持ちだけで目の前の人と向き合っていると思います。
 そういうまよちゃんが、とても素敵だなと思います。
 まよちゃんと一緒にいて、気持ちを救ってもらったり、助けてもらった、と思うことがよくあります。

 まよちゃんは、いつ会っても、華やかな笑顔を浮かべています。
 まよちゃんの、周囲の人に対する気遣い、優しさだと思います。
 まよちゃんの華やかな笑顔、芸術的な表現が、魅力的だなと思います。
 まよちゃん、お誕生日おめでとうございます。

○ブルーベリーの挿し木の鉢上げ
 2日前、まっちゃんと一緒に第1弾のブルーベリーの挿し木の鉢上げをしました。気付いたことがあります。
 葉に、クロロシス(葉脈を残し葉全体が白くなる)の症状が出ていました。
 そのことについて私は、用土が酸性でなくなっている、または、ミネラル(鉄、マンガン、マグネシウム)不足が原因だと思っていました。
 けれど、鉢上げをしてみると、症状が出ているものは発根していない、または発根していても根が弱かったです。
 クロロシスは、根の不調でも起こるらしく、根が張れていないことでの栄養失調が原因だったと思いました。

 今日の朝食前に、まっちゃんと二重ハウスで落ち合って、第2弾の挿し木の鉢上げをしました。(まだ途中になっているので、明日の朝に続きをやります)
 1から3弾のなかで、第2弾が最も挿した数が多いです。
 1番適切と思われる時期に挿していて、調子も良く、本命なのですが、鉢上げをしてみると殆どのものがしっかり根を出していました。
 なるべく根を切らないように鉢上げを行ったのですが、難しかったです。負担が掛かっていると思います。
 けれど、どこかの時点では鉢上げを行わないと、枝葉が混んできてしまいます。
 ならば、梅雨が明けて夏の気温になっていく前に鉢上げをして、ハウスの外の日陰に移してやる方が良いのではないか、と思い今の時期に行っています。

 二重ハウスには、西洋クルミとハシバミの挿し木もあるのですが、これらをどうすべきか迷っています。
 水挿しで育てているものの様子を見ている限り、根は出ていないか、出ていても出始めくらいだと思います。
 本来、まだ動かしたくない時期なのですが、7月に入ると、ハウスの中では気温が高すぎるのではないか。挿し穂が痛みそうだな、と思っています。
 ブルーベリーに比べて難しく、成功を信じられなくなるときがあります。けれど、もう少し信じて、粘ってみようと思っています。

 まっちゃんと挿し木の作業をすると、とても楽しいです。
 面白がって、一緒にやってくれるからです。挿し木を可愛がってくれます。
 今までずっとひとりで手入れをしていたけれど、一緒にやってくれる人ができて、救われています。