「フラダンスのように生きること」 ひなの

6月13日

 昨日のことも含めて、朝に日記を書きます。

 ○社会性
 みんながインターバル速歩をしている時間、なっちゃんと一緒に何人かの人と郵便局に出かける用事がありました。
 窓口の方と、ほんの少しやりとりをするだけだったのに、ものすごく緊張したり、会話することが難しいと感じました。
 自分が変なのではないか、馬鹿にされるのではないか、という思いから自分の中だけで勝手にプチパニックに陥ってしまいました。
 それは、普段から感じることです。これでは駄目です。
 必要な会話をスムーズにできるように、願わくば雑談も気兼ねなくできるように、変えていかなければいけません。

 ○勉強
 今、勉強をさせてもらっていて、時間が空いた分、かなり忘れています。
 けれど、勉強にノータッチでなのはなの生活だけをした期間があったことで、新鮮な気持ちで向かうことができていると感じ、有り難いです。
 1番楽しみにしている単元があり、それが生物のアミノ酸が出てくる分野です。
 テキストの後半に出てくるので、まだその単元にたどり着くまで時間がかかりますが、今から楽しみです。
 今までやっていたときは、ただ機械的に覚えるだけだったのに、身近に関連があるとこんなにも向かう気持ちが違うのか、と思って嬉しいです。
 気になってパラパラ斜め読みをしていたら、〝アルギニン〟という文字が見えて、その隣には〝オルニチン〟、もしかしてと思って隣を見ると〝シトルリン〟という3つが並んで名前を連ねていて、これは身長が伸びるアミノ酸の組み合わせだとお父さんが言われていたなと思い、なんだかとても嬉しくなりました。 

 私は、英単語を覚えるのが苦手だなと思い、記憶や暗記について少し調べていると、人間は忘れる生き物だと書いてありました。
 私も、勉強でも何か強く印象が残っていないものは、すぐに忘れてしまいます。
 だから何回かやらないと覚えられないのですが、自分の場合、1度やってもう1度やるまでの時間が短いほど覚えられるのではないか、と思いました。
 なので、お父さんが教えて下さる15分刻みの15分という時間で、30個の単語を繰り返し発音するというやり方でやると覚えやすいと感じます。
 1日の中で、英単語をやるセットが5回あれば、目標の1日150個を達成できます。
 今使っている単語帳は2500語ほどなので、2週間と少しで1周できるかな、と思います。
 しばらくはこの方法で進めてみようと思っています。(間違っていたら、教えて頂けると嬉しいです)
 
 ○嬉しかったこと
 昨夜の朝食当番準備後、当番の人たちで今日(6月13日)のまよちゃんのバースデー黒板を描きました。
 しほちゃんが「あけみちゃんに〝Happy Birthday〟の文字を筆記体で書いてもらおう」とあけみちゃんに声をかけてくれました。
 普段、お仕事で書くことがあるのだと教えてもらいました。とてもエレガントで、なんだかまよちゃんにピッタリだな、と感じました。
 あけみちゃんに声をかけてくれたしほちゃんの気持ちとか、あけみちゃんの文字を書く丁寧な手つきに、暖かい気持ちになりました。
 今日は土曜日で、まよちゃんのお誕生日を1日お祝いできるのが楽しみです。

 ○フラダンス
 今日は待ちに待った週末です。
 りゅうさんやお仕事組さんのさやねちゃんと一緒にフラダンス練習ができます。
 時間を大切に、みんなで綺麗なものにできるよう、練習に向かいたいです。
 フラダンスを踊っていると、その時だけ、自分から離れるという感覚を体感できるような気がします。
 フラダンスを踊っていると、不思議な気持ちになります。
 どんなに明るい曲でも、なぜか涙が出そうになります。
 誕生日にお母さんが言って下さったように、私はフラダンスのように生きたらいいし、フラダンスのように生きることを心の奥で強く求めているのだろうな、と感じます。
 本当にフラダンスが好きです。